美味しい貯蔵ミカン

貯蔵ミカンに最適な青島温州

 三ヶ日みかんで中心的に栽培されているのは『青島』と言われる品種です。この品種はミカンの中でも高糖系の品種として位置付けられています。

 特徴として他の品種より高い糖度と独特の食味、貯蔵性(非常に日保ちが良い)、そして大果系で扁平な形をしています。一般的に大きなミカンは味ボケがして味が薄くなるのですが青島は大玉果であっても内容が変わりません。
 さらに内容先熟型と言って、一般的にミカンは着色と果実内容の充実が同時進行するのですが、青島は中身の果実の充実が着色より早く進みます。そこで農 家は8分程度の着色状態から収穫に入り、貯蔵中に着色を進める方法をとっています。貯蔵にあたって、農家は貯蔵予措(よそ)といわれる技術を使って果実の貯蔵性を高める工夫をしています。

貯蔵技術による熟成

 この貯蔵予措とは、収穫された果実に1~2週間、強制的に風を当てることによって果皮や果汁の水分を3%~5%奪ってしまうこと なのです。こうすることによって、数ヶ月たってもまるで収穫したてのようなみずみずしさを果実に保つ事が可能になるのです。
貯蔵予措終了後、ロジ箱と呼ばれる専用の木箱にミカンは移され、古い土壁の貯蔵庫で一定の温度と湿度の管理の中、長い眠りにつきます。青島ミカンは貯蔵中に徐々に果実の酸が分解され逆に糖度が上がり、非常に食味が向上する状態に変化していきます。

 貯蔵予措から貯蔵にかけての一連の作業は、農家の長年の経験と勘に依存した匠の技術が息づいています。

三ヶ日みかんのコクを生み出す3つの条件

1.気象条件
2.品種・系統の選抜
3.土壌、気候に合わせた栽培技術
年平均気温16℃で、温暖であること。
また日照量が多いこと。
耕土が浅く乾燥しやすいこと(水はけがよい)
消費者の嗜好に合わせた品種・系統が栽培されています。
土壌にあったオリジナルの配合肥料を使用するなど、きめ細かな管理。

この3つの条件が満たされると三ヶ日みかん独自の味わい「コク」が生まれます。

三ヶ日町農協の自己改革の取組み


三ケ日町柑橘出荷組合のホームページ 別ウィンドウで開きます:マルエム柑橘出荷組合 店頭試食販売のキャンペーンが掲載されています 検出されず。証明書はマルエムHPの右側に掲載


h25-6aguri-bannar.gif


マイナビ2019


地域応援プロジェクトのバナー


オフィスみかん=働くオトナと農家さんのステキな関係


三ヶ日みかんハイボールについてのページです


氷美柑-kori-mikan- b-korimikan2.gif

ミカちゃんショップで購入


ごちそうカントリー


みんなのよい食プロジェクト


JAみっかびニュース 産地と農協と地域の話題

最新のJAみっかびニュース

過去の記事の検索(ブログ形式のニュースアーカイブ)


外部リンク:みかんのむきかた小学館公式サイト


組合員向けの各種情報です 指導購買課 会員制ページです。柑橘指導インフォメーション、町内20箇所のアメダスデータを閲覧できます。


bnr-lpgas-2018.gif


取引時確認に関するお客様へのお願い

jabank-mail-ord.gif

カードローンN

スーパー教育ローンNf

マイカーローンN


webboki.gif


mynumber.gif

ネットで申告 e-TAX


三ヶ日みかんの歌


三ケ日町の風土

三ヶ日町の位置表示マップ
→ 大きな地図(GoogleMap)

JAみっかびへのアクセス

三ヶ日インターを出て、最初の信号【都筑】を右折、そのまま国道を進み、信号【西天王町】を直進、すぐ右手です。車で5~10分。

このページの上部へ