2018年11月06日

11/5 2018産三ヶ日みかんスタート

色づいた早生みかん

 11月5日、特産の三ヶ日みかんがスタートしました。今年は、早生10,500㌧、青島26,000㌧、その他250㌧の合計で36,750㌧を見込んでいます。

20181105.JPG

(写真=品質保持のために、ミカンをチェックする評価員)

機能性も表記

 三ヶ日町農協の柑橘選果場も本稼動を開始。初出荷の11月5日は119件の農家から約160㌧を集め、光センサーで等階級別に選別しています。基準を満たしたものは、今年も温州ミカンに含まれる「β-クリプトキサンチン」の機能性を表示し、「ミカちゃんマークの三ヶ日みかん」として近在・中京・京浜地区の市場経由で流通します。

2018年産三ヶ日みかん。今年の天候と作柄は?

 今年は春先の3~4月が高温だったことで平年より早く開花しました。夏は猛暑、秋は長雨という気候に見舞われました。収穫1ヶ月前には台風24号が襲来。枝折れ等が発生しましたが、幸い甚大な被害は免れました。10月下旬からは好天に恵まれ、ミカンの着色に不可欠な、朝晩の寒暖の差も出ています。こうした天候を経て、早生ミカンの収穫は10月末から始まりました。

 果実は同じ、表年だった一昨年並みの収量で、出荷はやや早めとなりました。色づきと肥大は良好で、早生の中心階級はLM。酸抜けが良いため、食べやすいです。収穫前の好天のおかげで食味も上々です。

201811051.JPG

(写真=オレンジ色に色づいた、早生みかんの果実)

「毎年美味しいミカンを供給する」

 ミカン生産者の大矢勝三さんは、11月頭から早生ミカンの収穫をスタート。傾斜のついた園地で作業は大変ですが、日当たりと水はけの良さを活かし、高品質の早生ミカンを生産しています。今年は、着花量が多かったため、安定生産に適正な着果量に調整するために摘果(摘果)の作業に尽力していきました。台風で発生したキズ果も樹上で選別を、樹上には外観の良いLM階級の果実を揃えることができました。「天候は厳しかったが、収穫直前まで品質をそろえてきた。後は家庭選別を徹底したい」と話します。

201811052.JPG

(写真=早生ミカンを収穫する大矢さん)

 三ヶ日町柑橘出荷組合の竹平智範組合長は「今年の量は十分だが、昨年のミカン不足は反省点。信頼ある産地として天候に左右されずに毎年高品質なミカンを安定供給したい」と強調します。同組合と同JAは出荷前に、20会場の座談会と全戸出席の出荷目揃い会を開催し、イタミ果の排除など家庭選果の徹底を申し合わせました。安定生産に向けては、園地で行う座談会で柑橘技術員が次年度を見据えた作業を呼びかけ、広報誌でも特報で隔年結果是正の手法を1年間連載してきました。

青島ミカンは12月

 早生ミカンの収穫は11月末ごろに終わり、その後は青島ミカンの収穫が始まります。青島ミカンは例年、出荷は12月中旬から始まります。生産者の貯蔵技術により、4月上旬までの出荷を見込んでいます。

201811053.JPG

(写真=三ヶ日町農協の直売所でも早生みかんが入荷しています)

            

>JAニュース一覧トップへ

        

2018年09月27日

9/27 三ヶ日みかんジュース JALの機内食に

三ヶ日町農協の三ヶ日みかん青島ジュースが、JALファーストクラスの機内食の特別ドリンクとして採用されました。浜松市とJALは、観光の主要産業化と観光人口の増大に向け「ハママツ・ツーリズムプロモーション・パートナーシップ協定」を締結。一環として、今回、浜松の特産品を使った機内食約9000食を10月の一ヵ月間、羽田発着の4路線で提供します。

20180927jal2.jpg

(写真=機内食で提供される、三ヶ日みかん青島ミカンジュース)

締結式には、市内の観光関係者22団体と、生産者20団体が参加。挨拶で鈴木康友浜松市長が「地方創生に観光振興が必須。ノウハウのある心強いパートナー」と日本航空を紹介。同社の植木義晴代表取締役会長は、「浜松の食材は地域の資源。一緒に、国内、世界へ地元の魅力を伝えましょう」と呼びかけました。式には、徳川家康の子孫で宗家19代の德川家広氏と歴史家の磯田道史氏立会い、歴史から見た浜松の特徴と、それを支えた食材の魅力を解説しました。

協定書へのサイン後、参加者は機内食を試食。生産者がその食材を解説しながらPRしました。みかんジュースをPRした後藤善一組合長は「単独ではできないプロモーション。今後、他分野との関わりがいかに重要であるか実感する」と話しました。

20180927jal.jpg

(写真=機内食を提供する浜松の生産者ら オークラシティホテル浜松4Fで)

            

>JAニュース一覧トップへ

        

2017年12月18日

12/18 三ヶ日みかんの主力青島ミカンスタート

三ヶ日みかんの主力品種「青島」の出荷が始まりました。早生ミカンと同様に、機能性を表示しています。

20171218 (1).JPG

(写真=青島とは品種の名前。早生ミカンと比べ扁平で大玉、高糖度でコクのある味わい)

初出荷日の18日は112件の生産者が220㌧のミカンを三ヶ日町農協の柑橘選果場へ持ち込みました。ミカンは評価員と光センサーでチェックされ、等階級別に仕分けられます。

20171218 (2).JPG

(写真=ミカンをチェック。その後、光センサーで1果1果測定する)

収穫を迎えた青島ミカン

園地でも青島ミカンが色づき、収穫を迎えています。

20171218 (3).JPG >

(写真=収穫直前の青島ミカン)

20171218 (4).JPG

(写真=収穫コンテナに入れて運び出す)

今年の青島ミカンは裏年で、量は平年の7割を見込みます。外観は綺麗で、品種本来の大玉傾向です。出荷は例年より遅れ気味です。これは今年の開花が約10日ほど遅く、冷え込みにより着色が遅れたためです。内容は上々で、ここ近日の乾燥によって糖度が向上しています。

20171218 (5).JPG

(写真=収穫直後の青島ミカン。出荷までには予措、貯蔵、家庭選別などの行程がある)

今年は、高品質化のためにマルチ被覆などを推進。出荷前には2日間かけて目揃い会を開き、出荷者全戸出席のもと基準を申し合わせています。

20171218 (6).JPG

(写真=全員で出荷の基準を確認する)

青島は生産者の貯蔵技術により、例年4月上旬ごろまで続きます。出荷後半には銘柄品「濃蜜青島」「本貯蔵『誉れ』」など銘柄品の出荷も予定しています。

>12/18に青島ミカンがはじまりました

            

>JAニュース一覧トップへ

        

2017年11月14日

11/12 三ヶ日の和牛上位独占 名門の品評会で

11月12日、兵庫県の神戸市中央卸売市場で行われた第64回近畿東海北陸肉牛連合共進会の第1部(雌の部)で、浜松市北区の三ヶ日町農協肥育牛部会の和牛が上位3つを独占しました。

2017111010.JPG

(写真=表彰される鈴木さん)

表彰の結果

第64回近畿東海北陸肉牛連合共進会の第1部(雌の部) 出品58頭

  • 最優秀賞  鈴木勇也
  • 優秀賞1席 河合畜産㈱
  • 優秀賞2席 (有)渡邊

201711104.JPG

(写真=受賞した三ヶ日の生産者)

銘柄牛が集まる名門の品評会

近畿東海北陸肉牛連合共進会同は神戸や近江などの銘柄牛も集まる名門の品評会です。京都府、滋賀県、兵庫県、静岡県、三重県、岐阜県の5県1府の予選を勝ち抜いた100頭が集まり、1部には58頭が出場しています。

 

最高の肉質として評価

最優秀賞の鈴木勇也さんの牛の名号は「みつひめ」。生後30ヶ月の雌の黒毛和牛種で、最高等級のA5ランクの評価です。出品した牛の中で、脂肪や骨を取り除いた歩留まり率が唯一80%を超えた事などが評価されました。受賞した牛は、当日のセリで高値で競り落とされています。

201711105.JPG

(写真=鈴木さん出品の枝肉)

鈴木さんは、黒毛和牛の雌牛100頭の飼育と特産の三ヶ日みかん2㌶との複合経営農家で、肥育暦は30年になります。子牛を仕入れて肥育しながら現在は「静岡育ちの」ブランドで年間50頭を出荷しています。

201711106.JPG

(写真=牛に餌を上げる鈴木さん)

鈴木さんは「とにかく基本に忠実に管理した。切磋琢磨する三ヶ日の仲間と入賞したことが何より嬉しい」と話しています。

近年めざましい三ヶ日の牛肥育

近年三ヶ日の肥育牛農家は高い成績をあげています。受賞した3名は静岡県の代表として出場し、脂肪のきめ細かさを示すBMS№は3頭とも最高値の12を記録しました。
(BMS№1~12で、№が大きいほどきめ細かい、A5になるには№8以上が必要)

201711103.JPG

(写真=最高級の代名詞「A5」の基準)

河合さんは今年9月の和牛のオリンピックとされる5年に一度開催の全国和牛能力共進会へ初出場し、9区(去勢肥育牛の出場区)で東海地区としては最高の成績を残しています。(くみあいだより10月号特集 参照)また渡邊さんも60と61回の近畿東海北陸肉牛連合共進会で連続最優秀に輝いています。

201711102.JPG

201711101.JPG

(写真=和牛のオリンピックと呼ばれる全国和牛能力共進会にも今年初出場)

同農協の畜産センター業務主任の田嶋秀俊さんは「過去最高の成績。こうした積み重ねで知名度を上げ、ブランドの強化と所得向上につながって欲しい」と話しています。

三ヶ日の肥育の歴史

昭和42年に大谷で白黒の「ホルスタイン種」を導入したのが始まりです。若いミカン後継者が参入し、県下でトップレベルの規模となりました。昭和49年には農協に肉牛市場が開場。昭和50年には、畜産全体の販売がミカンを上回わったことも。(その後、市場へ閉場)。現在の肉牛は「黒毛和牛」や乳牛と掛け合わせた「F1交雑種」が主力。現在でも肥育牛頭数は県の1/5を占める産地です。

            

>JAニュース一覧トップへ

        

2017年11月09日

11/9三ヶ日みかんスタート

三ヶ日みかんの季節が始まりました。

20171109 (1).JPG

三ヶ日みかんらしいコクのある仕上がり

10月は台風が上陸したものの、生育期間中は好天に恵まれ、糖酸バランスの良くてコクのある「三ヶ日みかん」らしい内容に仕上がっています。今年の作柄は裏年にあたり数量は少なめの年です。

20171109 (2).JPG

(写真=早生ミカンは肌もつるりとしている)

早生ミカンの収穫本格化

早生ミカンの収穫は11月上旬から始まりました。この季節らしい朝晩の冷え込みにより着色が進んできています。樹から果実をハサミで切り取り、果実に残ったホズをもう一度ハサミ切って、肩にかけた収穫カゴへていねいに納めます。12月中旬から出てくる、青島ミカンと比べると生育期間が短いこともあり、やや小ぶり、皮も袋もやわらかく口当たりの良い食感が魅力です。

20171109 (3).JPG

(写真=早生ミカンの園地。気温で緑の色素が分解されることでミカンの色がはっきりしてくる)

美味しいミカンを作るため

この早生ミカンの園地では、全面に白いシートを被覆してより美味しいミカンを作ろうとしています。近年の秋雨に対抗して品質をあげるためでもあります。

20171109 (4).JPG

(写真=白いシートが太陽光を反射し着色や光合成を促進。また水分を制限することでより濃厚な味になる)

収穫したミカンが届くまで

収穫後のミカンは2~3日、風通しの良い場所にさらします。こうすることで、果皮の過剰な水分が飛んで締まり、痛みにくいしっかりした体質になります。その後、各農家が家庭選果してミカンをチェックし、三ヶ日町農協の柑橘選果場へもちこみます。

20171109 (5).JPG

(写真=収穫コンテナに入れた早生ミカン。その後、トラックに積み込む)

人の目とセンサーで品質チェック

ミカンは開花から約180~200日で成熟した果実になります。今年の開花はやや遅かったこともあり、今年は例年より数日遅れの11月8日に初集荷を始めました。選果場の初稼働日には関係者が集まり、神事が行われます。

20171109 (6).JPG

(写真=各生産者が選果場へミカンを持ち込む)

20171109 (7).JPG

(写真=選果場で行われた神事。安全操業も祈願する)

家庭選果後のミカンも、再度選果場でも選別をかけます。

20171109 (8).JPG

(写真=選果場内では人の目によって再度チェックされる)

その後、3種のセンサーでミカン一つ一つの外観と糖度・酸といった内容を測定し、糖階級別に仕分けます。

20171109 (9).JPG

(写真=光センサーで測定後、さらにもう一度人の目でチェック)

機能性表示も継続

今年も基準にあったものは、「機能性表示食品」として出荷されます。

機能性表示食品とは、科学的根拠を元に食品に機能性の表示をするものです。現在はミカンの色素「β-クリプトキサンチン」を機能性成分に「骨」に関する記述がされています。

20171109 (10).JPG

(写真=機能性表示食品での出荷は今年で3年目を迎える)

選果後の三ヶ日みかんは出発

20171109 (11).JPG

(写真=三ヶ日みかんを市場へ運ぶ「ミカちゃん号」)

高速道路などで、三ヶ日みかんを運ぶミカちゃんマークの大型トラックを見かけることもあるかもしれません

早生ミカンの出荷は12月中旬までを見込む。その後は青島がスタート

早生ミカンの出荷は12月中旬まで続きます。その後は三ヶ日みかんの主力品種「青島ミカン」にバトンタッチし、出荷は4月上旬までを見込んでいます。

20171109 (12).JPG

今だけの旬の早生ミカンの味。今年も三ヶ日みかんをよろしくお願いします。

20171109 (13).JPG

(写真=三ヶ日みかんのミカちゃん)

ニュース:12/18青島ミカンスタート

三ヶ日みかんの主力青島ミカンがスタートしました。

            

>JAニュース一覧トップへ

         過去のJAニュースを見る

三ヶ日町農協の自己改革の取組み


三ケ日町柑橘出荷組合のホームページ 別ウィンドウで開きます:マルエム柑橘出荷組合 店頭試食販売のキャンペーンが掲載されています 検出されず。証明書はマルエムHPの右側に掲載


h25-6aguri-bannar.gif


マイナビ2019


地域応援プロジェクトのバナー


オフィスみかん=働くオトナと農家さんのステキな関係


三ヶ日みかんハイボールについてのページです


氷美柑-kori-mikan- b-korimikan2.gif

ミカちゃんショップで購入


ごちそうカントリー


みんなのよい食プロジェクト


JAみっかびニュース 産地と農協と地域の話題

最新のJAみっかびニュース

過去の記事の検索(ブログ形式のニュースアーカイブ)


外部リンク:みかんのむきかた小学館公式サイト


組合員向けの各種情報です 指導購買課 会員制ページです。柑橘指導インフォメーション、町内20箇所のアメダスデータを閲覧できます。


bnr-lpgas-2018.gif


取引時確認に関するお客様へのお願い

jabank-mail-ord.gif

カードローンN

スーパー教育ローンNf

マイカーローンN


webboki.gif


mynumber.gif

ネットで申告 e-TAX


三ヶ日みかんの歌


三ケ日町の風土

三ヶ日町の位置表示マップ
→ 大きな地図(GoogleMap)

JAみっかびへのアクセス

三ヶ日インターを出て、最初の信号【都筑】を右折、そのまま国道を進み、信号【西天王町】を直進、すぐ右手です。車で5~10分。

このページの上部へ