JA静岡厚生連 清水厚生病院 清水厚生病院サイトトップへサイトマップへ
文字サイズの変更 文字を大きくする文字を標準にする文字を小さくする

病院のご案内

放射線技術科

単純X線撮影

単純X線撮影とは

 
 単純X線撮影とは人体にX線を照射して写真を撮る検査です。
人体は骨、筋肉、軟部組織、脂肪、空気などで構成されており 組織によってX線の透過率が異なります。
骨などはX線が透過しにくい為、写真上白く写ります。逆に空気などは X線が透過しやすい為黒く写ります。
単純X線撮影は、人体を透過したX線の量を白黒の写真として表す検査です。

 

単純X線画像
  【胸部】

肺や心臓の疾患の診断が目的です。
肺の状態や心臓の大きさ、血管や気管支の太さ等がわかります。
 
  【腹部】

腸管内ガスや食物残渣の状態を知ることが出来ます。
また、尿路結石や腹水等の他、腰椎や骨盤の変形等もわかることがあります。

 【骨格系】

骨折、脱臼、変形などがわかります。骨折部位や病変の形状を知るために、多方向から撮影を行います。
  
撮影時の注意

 撮影する部位に異物(金属、プラスチック等)が写ってしまうと、撮り直しになる事があります。
金具の付いた下着、使い捨てカイロ・湿布・ネックレス・ヘアピンなどが撮影部位にあるときには必ず外してください。
妊娠中、もしくは妊娠の可能性がある方は、必ずお知らせ下さい。
ページの先頭に戻る
サイトマップ プライバシー・ポリシー 医療安全管理指針