JA静岡厚生連 清水厚生病院 清水厚生病院サイトトップへサイトマップへ
文字サイズの変更 文字を大きくする文字を標準にする文字を小さくする

病院のご案内

放射線技術科

X線TV

X線TVとは
 
X線を使って 体内の中を透視し検査を行います。
単純X線撮影のように静止画像ではなく 動画像としてリアルタイムに体内の状況を捉えることができます。
バリウムを飲む胃透視検査 大腸の中にバリウムを入れて検査する注腸検査がよく知られています。他にも 造影剤というX線に写る薬剤を臓器や血管内に注入し これらが造影される様子を確認する検査などにも X線TVが使用されます。
透視をしながら内視鏡を用い 積極的に治療まで踏み込む検査もなされています。


              

消化管造影検査

 消化管造影検査とは 大きく分けて上部消化管造影検査(食道、胃、十二指腸、小腸)、下部消化管造影検査(大腸)に分かれています。基本的にはどちらの検査も造影剤と空気を注入し、粘膜に付着した造影剤をX線透視により写し出す検査です。
通常、造影剤は バリウムを使用します。

   【上部消化管検査】

 胃の形態、胃粘膜および食道 十二指腸にある病変を診断します。
 
   【下部消化管検査】

 大腸の形態、粘膜の病変、他器官の病変による圧迫、通過障害などを診断します。
ページの先頭に戻る
サイトマップ プライバシー・ポリシー 医療安全管理指針