JA静岡厚生連 清水厚生病院 清水厚生病院サイトトップへサイトマップへ
文字サイズの変更 文字を大きくする文字を標準にする文字を小さくする

病院のご案内

臨床検査科(検体検査)

検体検査

  診察に必要とされる検査結果については検体提出後1時間程で臨床医に提供しています。
一般検査
 主に尿・便などを使い検査を行います。尿検査では、腎臓・尿路系・膀胱の健康状態を調べます。
顕微鏡を使い、尿中の細胞観察をしています。
便検査では、胃・腸などの消化管での出血の有無、また寄生虫の検査を行います。

血液検査
 患者さまの血液をそのまま使い血球算定を行います。
赤血球数・白血球数・ヘモグロビン量・血小板数などを測定します。
また血球を染色し、顕微鏡を使い白血球を分類し、血液の病気(貧血や白血病など)を調べます。
 凝固検査では、血液が固まる為に必要な成分(凝固因子)の量を調べます。

生化学検査
 血液が固まった後で採取できる血清・あるいは尿などを使い、肝・腎・膵・心臓など各種臓器の病気の診断・治療効果の判定などに必要な多項目に渡る検査を行っています。
2台の自動分析機を使い、より早く精度の高い検査結果の提供を心がけています。

血清検査
 生化学検査と同様に2台の専用機を用いて血清を使い、感染症の中の肝炎ウィルス・梅毒・エイズ検査や癌の早期発見・治療後のモニターとして行う腫瘍マーカー検査を行っています。
 また、ホルモン検査・血中薬剤濃度測定などの検査もこの部門で行っています。

輸血検査
 血液成分の欠乏・機能的に低下した場合に輸血療法が実施されますが、その際に必要な検査(副作用を起こさない為)を行っています。
 また緊急時にも対応出来るように血液製剤の管理を血液センターの協力を得ながら取り組んでいます。
 副作用を起こさない為に実施する主な検査としてはABO式・Rh式血液型、不規則性抗体、交差適合試験などがあります。
現在は手術時の出血に備え自己血を準備するケースが増え、自己血採血時の補助及びその保管管理も行っています。


『血液検査結果のみかた』

  当院のおもな血液検査値の見方です。診断には医師の総合的な判断が必要です。疑問な点は主治医にお尋ね下さい。
  (※基準値は当院の基準値です。他施設の基準値とは測定方法や単位などで、異なる場合がありますので、ご注意下さい。)


ページの先頭に戻る
サイトマップ プライバシー・ポリシー 医療安全管理指針