JA静岡厚生連 清水厚生病院 清水厚生病院サイトトップへサイトマップへ
文字サイズの変更 文字を大きくする文字を標準にする文字を小さくする

病院のご案内

臨床検査科の取り組み

臨床検査科の取り組みについて

   当院臨床検査科では、通常の検査業務以外に様々な取り組みを行っています。ここでは、その取り組みの一部をご紹介いたします。
外来採血
 中央採血室では看護師の協力の下、臨床検査技師も採血を担当しております。
朝7時より受付機による受付を開始し、8時よりスタッフ3名(看護師1名・技師2名)土曜日のみ8時30分から採血を開始しています。また、採尿の受付も行なっています。
 採血・採尿していただいた検体は隣接した検体部門にて各部門に分けられ検査を始めます。
栄養サポートチーム(NST)
  当院は第3回日本静脈経腸栄養学会認定NST稼動施設となっています。NST(Nutrition Suport Team)とは、様々な医療スタッフが集まり知識や技術を持ち合い、患者さまに適切な栄養管理を行うチームのことです。
臨床検査科からは4名がこのチームに加わり、週に1回、各病棟にてカンファレンスが行われ、その時に低栄養状態の患者さまリストを作成し、検査データ等の情報提供をしています。
耳鼻咽喉科外来での検査
  おもに一般的な聴力検査、補聴器適合検査、めまい検査などを生理検査室担当技師および言語聴覚士が耳鼻咽喉科へ出向し検査しています。
各種委員会
  検査適正化委員会、特生物由来製品管理委員会、感染対策委員会、MRM委員会、医療安全委員会、NST運営委員会、CS委員会など当院の委員会に参加しています。
認定資格
  国家資格である臨床検査技師免許以外に、各学会等が認定する資格を取得しています。

  細胞検査士、超音波検査士、エンブリオロジスト、健康食品管理士など


ページの先頭に戻る
サイトマップ プライバシー・ポリシー 医療安全管理指針