JA静岡厚生連 清水厚生病院 清水厚生病院サイトトップへサイトマップへ
文字サイズの変更 文字を大きくする文字を標準にする文字を小さくする

病院のご案内

看 護 部 - セクション紹介

1・2階(手術部)



 互いの部署で築いてきた豊富な知識や経験を活かし協力しあい、専門職としての質の高い看護の機能が発揮できるよう日々鍛錬しています。
 外来では、病棟だけでなく地域、在宅を結ぶ重要な位置と役割を担っております。
 手術室では、手術を受ける患者様に安全と安心を常に提供できるよう、技術の向上に努力し、笑顔で接しさせて頂いております。
 私たち1・2階スタッフは、患者様、ご家族が「この病院に来てよかった」と思っていただけるような手のぬくもりの看護を大切に心がけて参ります。
 ご来院の際は、どうぞお気軽にお声かけください。
 

東4病棟



 

 東4病棟は「患者さん・ご家族が安心して笑顔で退院できる病棟」を目指しています。整形外科・内科・眼科の病棟で、整形外科は骨折の手術、内科は肺炎や糖尿病の治療、眼科は白内障の手術を受ける方が主に入院なさいます。私たちは患者さんが手術や治療を速やかに乗り越えられるように、医師・理学療法士・薬剤師・栄養士・退院支援相談員と連携をはかり、退院に向けてのリハビリや在宅サービス調整などのお手伝いをさせていただいています。

西4病棟



 西4病棟は、外科・内科・整形外科の患者様が入院される病棟です。
外科は消化器疾患の手術、検査、化学療法をうける患者様を主に担当しています。
いずれの科も高齢化により入院患者様の平均年齢が上昇している中、安全にかつ安心して治療が進められ早期に退院できるようスタッフ一丸となって医療、看護を提供しています。
患者様の状態に応じ、ADLの保持、向上をめざしリハビリを行なうとともに、医師、看護師、ソーシャルワーカーが専門性を活かした関わりを行ない退院後の生活の不安の軽減に努めています。スタッフ一人ひとりが専門的知識と技術の習得、向上をはかり、常に、患者様、御家族に寄り添い、あたたかい看護が提供できるよう心掛けていきます。

3階病棟



 

 3階病棟は、H27年8月1日に開棟した、緩和ケアと地域包括ケアの病床を有する56床の病棟です。
 緩和ケア病床では、専門の医師を中心に、がんの痛みや心の痛みなど、さまざまなつらさを和らげることで生活の質を向上し、最後まで自分らしく生き抜くことができるよう支えていきます。
 地域包括ケア病床では、入院治療後病状が安定した患者様に対して、退院支援を効率的かつ密度高く行い、ご自宅や介護施設へ安心して復帰できるよう医療や介護支援をさせていただいております。心身機能や社会性の維持・改善のため、H28年の4月からはレクレーションを中心とした院内デイも開始しました。
 さまざまな病を抱えて生活していく患者様やご家族の思いに寄り添い、安心して過ごしていただき、住み慣れた自宅に戻れるよう、医師やリハビリスタッフ、薬剤師、専任の在宅復帰支援担当者(医療ソーシャルワーカー)と看護師が協力して、患者様の入院中から退院後のケアまでサポートできるよう頑張っています。


ページの先頭に戻る
サイトマップ プライバシー・ポリシー 医療安全管理指針