JA静岡厚生連 清水厚生病院 清水厚生病院サイトトップへサイトマップへ
文字サイズの変更 文字を大きくする文字を標準にする文字を小さくする

診療部門のご案内

トップページ >  診療部門のご案内 >  診療科一覧

消化器外科・乳腺外科               更新日:2012年3月1日

外科の対象疾患といたしましては、胃・大腸・肝臓・胆道・膵臓・乳腺といった主要臓器の悪性腫瘍(癌)に対する手術療法が中心となっております。
 
 手術内容に関しましては、胃・大腸切除や乳腺切除などの標準的な手術から、肝切除や、膵頭十二指腸切除のような肝胆膵症例まで幅広く対応させていただいております。
 
 胃・大腸のポリープや早期癌におきましても、EMR(内視鏡的粘膜切除術)やESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)などの内視鏡的治療を積極的に取り入れております。
 また、抗癌剤を用いた化学療法に関しましても、外来診療を中心に行っておりまして、日常生活を維持しながらも治療の継続が可能となるよう配慮しております。

 現在3名の常勤外科医師はすべて『外科専門医』かつ『がん治療認定医』という骨太の体制を整えておりますので外科治療がより安定したものとなっております。

 人はみな病気になると不安になります。ましてや手術を受けるとなると一大事であります。きめ細かな対応を心掛け、清水地区のみなさまに「安心」と「信頼」を提供できる外科を目指していきたいと思います。

当院外科における診療実績を供覧いたします。 


  2006年 2007年 2008年
総手術件数 282 231 163
全身麻酔症例 178 140 86
食道癌 1 2 1
胃癌 23 11 11
大腸癌 32 38 23
肝癌 7 10 8
胆道癌 2 3 3
膵癌 0 0 2
乳癌 24 12 11

当院における主要臓器別の手術成績を供覧いたします(2001年1月〜2007年3月、カッコ内は症例数)。大規模な病院と比べますと手術症例数そのものは少ないですが、手術成績に関しましては、全国平均と比較いたしましても遜色ない結果となっております。

胃癌              【参考資料】
5年生存率       日本胃癌学会全国登録1991年度症例(初発胃切除症例)の5年生存率

Overall (151): 61.4%        Stage IA:93.4%

Stage I (66):93.6%           Stage IB:87.0%

Stage II (24):80.0%        Stage II:68.3%

Stage III (45):23.2%       Stage IIIA:50.1%

Stage IV (16):0%         Stage IV:16.6%

追跡率:86.1%、院内死亡率:2.0%、手術死亡率:0%、平均在院日数:31.9日


大腸癌                                【参考資料】
5年生存率                              大腸癌研究会 大腸癌全国登録(1991-1994)

Overall(217): 70.9%                      Overall:69.9%

Stage 0 (10): 100.0%                  Stage 0:94.3%

Stage I (36): 100.0%                   Stage I:90.6%

Stage II (79): 76.4%                    Stage II:81.2%

Stage IIIa (50): 65.8%                  Stage IIIa:71.4%

Stage IIIb (16): 64.9%                  Stage IIIb:56.0%

Stage IV (26): 12.7%                  Stage IV:13.2%

追跡率:86.2%、院内死亡率:1.4%、手術死亡率:0.9%、平均在院日数:32.0日


乳癌(2000.1.1-2009.12.31)                               
5年生存率                             全がん協加盟施設の生存率協同調査(1997-2000)

Overall(155): 88.4%                      Overall:90.3%

Stage I (46): 100.0%                    Stage I:98.2%

Stage II (91): 88.7%                     Stage II:91.5%

Stage III (14): 67.7%                    Stage III:67.8%

Stage IV (4):                         Stage IV:31.5%

追跡率:88.4%、院内死亡率:0%、手術死亡率:0%



肝細胞癌(初回肝切除症例)              【参考資料】
5年生存率                            第17回全国原発性肝癌追跡調査報告(2002-2003)HCCに                             対する肝切除症例の累積生存率

Overall (23): 68.2%                   Overall:53.4%

Stage I (1): ---%                     Stage I:71.3%

Stage II (13): 92.3%                  Stage II:60.1%

Stage III (6): 75.0%                   Stage III:41.9%

Stage IVA(3): 0%                     Stage IVA:22.9%

                                         Stage IVB:15.5%

追跡率:78.3%、院内死亡率:0%、手術死亡率:0%、平均術後在院日数:23.1日


胆道癌

5年生存率

Overall(25): 29.4%

Stage I (6): 100.0%

Stage II (1): 100.0%

Stage III (8): 15.0%

Stage IV (10): 22.9%

追跡率:92.0%、院内死亡率:0.0%、手術死亡率:0.0%、平均在院日数:38.3日


膵癌

Overall(10): 1生率:50.0%、2生率:40.0%、3生率:0.0%

Stage I (0):1生率:----%、2生率:----%、3生率:----%

Stage II (0): 1生率:----%、2生率:----%、3生率:----%

Stage III (6): 1生率:50.0%、2生率:50.0%、3生率:0.0%

Stage IV (4): 1生率:50.0%、2生率:25.0%、3生率:0.0%

追跡率:100.0%、院内死亡率:10.0%、手術死亡率:10.0%、平均在院日数:45.0日


 ※2011年1月1日の手術症例から登録がスタートします。

 専門医制度と連携したデータベース事業について(PDF:172バイト)

 お問い合わせはホームページ内のフォームからお願いいたします。
 (社) National Clinical Database http://www.ncd.or.jp/ 




担当医師

 

成島 道樹 診療部長
岡山大学医学部卒
所属学会 日本外科学会、日本消化器外科学会、
日本肝胆膵外科学会、日本乳癌学会、
日本食道学会、日本癌治療学会、
日本静脈経腸栄養学会
認定医
専門医
評議員
日本外科学会専門医
日本肝胆膵外科学会評議員
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
マンモグラフィー認定読影医
松永 晃直 診療部長
千葉大学医学部卒
専門医 日本外科学会専門医
岡上 能斗竜 診療副部長
東北大学医学部卒
所属学会 日本外科学会、日本消化器外科学会、
日本肝胆膵外科学会、日本内視鏡外科学会
専門医 日本外科学会専門医
知久 才穂子 副医長
平成26年10月1日より赴任
旭川医科大学医学部卒
認定医 下肢静脈瘤に対する血管内レーザー焼灼術の実施基準による実施医
ページの先頭に戻る
サイトマップ プライバシー・ポリシー 医療安全管理指針