JA御殿場ロゴ

富士山の清流で育むごてんばこしひかりの里


トップ > 最新のトピックス > 過去のトピックス > メロンの市場出荷2年目

メロンの市場出荷2年目

JAは9月6日、 JA御殿場加工センターでアールスメロンの出荷目揃い会を行い、 生産者やJA関係者、市場関係者など13人が参加しました。
同JAが市場にメロンを出荷するのは今年で2年目。
市場関係者は「昨年は出荷してすぐにお客様がついた。 JA御殿場のメロンの評判は上々」と話します。

目揃い会では糖度測定、試食、網目の確認、 出荷基準について確認を行ったほか、 生産者は市場関係者にメロンの出荷状況や大きさや香りなど 消費者の好みを質問していました。

JA販売課の野月課長は 「管内のメロンはすっきりとした甘さと少し硬めの果肉が特徴。 そのため日持ちが良く、 また、食べごたえのあるメロンを楽しんでもらえる」と笑顔を見せます。
現在出荷者は4人。 同JAでは、メロンを特産品の一つにしようと今後栽培指導に力を入れ、 生産者を増やしていく予定です。
なお、メロンの出荷は10月上旬までを見込んでいます。


【アールスメロンの出荷目揃い会】