以下はIZUMI2017冬号の掲載文から抜粋しています

サトイモの上手な選び方

サトイモの栄養価

主成分は糖質ですが、いも類の中では低カロリーで、 カリウムが多く、食物繊維なども豊富に含まれています。 水溶性食物繊維マンナンは肥満や便秘の予防に役立ちます。 ぬめり成分のムチンは、多糖類とタンパク質が結合した食物性の粘生物質で、 消化を助けたり、胃の粘膜を保護したり、肝機能を高めたりする働きがあります。

JA静岡厚生連
山口友里管理栄養士

サトイモの保存方法

サトイモときのこのグラタン

【材料】(人分)

  • サトイモ…800g
  • 牛乳…4カップ
  • バター…15g
  • 塩…小さじ1/2
  • こしょう…少々
  • 舞茸…2パック
  • エリンギ…1パック
  • 塩…少々
  • こしょう…少々
  • 白ワインまたは酒…大さじ2
  • ロースハム…6枚
  • とけるチーズ…100g

作り方

  1. サトイモは皮をむき輪切りにする。 3~4分茹でた後に水でぬめりをとる。
  2. 鍋にサトイモ、牛乳を入れて竹串がとおるまで茹で、マッシャーでつぶし、バター、 塩、こしょうを加えてとろりとなるまで煮つめる。
  3. 舞茸、エリンギは食べやすいサイズに切り、塩、こしょう、白ワインとともに炒める。
  4. ボウルに②、③、短冊に切ったロースハムを入れ混ぜ、 耐熱容器に注いでとけるチーズを乗せて200℃のオーブンで15分焼く。

※JA女性部料理教室で紹介されたものです。

サトイモのポタージュ

【材料】(4人分)

  • サトイモ…中3~4個200g
  • 玉葱…1/2個
  • バター…10g
  • 牛乳…500ml
  • 固形コンソメ…1個
  • 塩…小さじ1/4
  • こしょう…少々
  • パセリ…適量

作り方

  1. サトイモは皮をむき、火が通りやすい大きさに切る。耐熱容器に入れ、 水を少しふり、ラップをふんわりかけて電子レンジでやわらかくなるまで 加熱する。500W、2~3分ほど。
  2. 玉葱は皮をむいて薄くスライスする。鍋(深めフライパン)にバターを熱し、 玉葱をしんなりするまで炒める。
  3. ミキサーに「1.」「2.」牛乳を加え、滑らかになるまで回す。
  4. 鍋(深めフライパン)に「3.」を戻し、 固形コンソメを砕いて入れ、焦げ付かさないよう弱火でかき混ぜながら加熱する。
  5. 沸騰直前に塩、こしょうで味をととのえ、器に盛り、刻んだパセリをのせる。
  • 電子レンジを使わない場合は、サトイモは皮をむき、 火が通りやすい大きさに切り、適量の塩をふってもみ洗い、 たっぷりの水で軟らかく茹でる。湯切りする。

サトイモの味噌マヨサラダ

【材料】(4人分)

  • サトイモ…中5~6個300g
  • 塩…適量
  • 細ねぎ…2本
  • みそ…小さじ1
  • 醤油…小さじ2
  • マヨネーズ…大さじ1と1/2
  • 削り節…小1袋

作り方

  1. サトイモは皮をむき、火が通りやすい大きさに切る。塩でもみ洗いし、 たっぷりの水で軟らかく茹でる。
  2. 細ねぎは小口切りにする。
  3. みそ、醤油、マヨネーズ、削り節をよく混ぜ、程よく潰した「1.」「2.」と和える。