JA御殿場ロゴ

富士山の清流で育むごてんばこしひかりの里


トップ > 営農事業 > ごてんばのお米

ごてんばこしひかりロゴマーク

このロゴマークのデザインは「富士山」「お米」を模っており、 上段は「富士山」、下段は富士山の麓ならでは「田んぼに移った逆さ富士」 と「棚田」を表しています。
中央には「こしひかりの米粒」を模り、「こしひかり」の「ひかり」とかけ、 光を表した装飾をしてあります。

コンセプトは 『~富士山の一番近くで「水」「土」「風」が育んだ甘さきわだつ極上米~』
キャッチコピーは、『一粒ひとつぶが富士山のふところ育ちです』

ごてんばこしひかり新ロゴマーク

ごてんばこしひかり・峰の雪もちの里


富士と稲穂

ごてんばこしひかり

JA御殿場管内は、御殿場市・小山町の1市1町で構成され、 富士山の麓、標高300~600メートルに位置し、冷涼で寒暖の ある気候を利用して、「ごてんばこしひかり」を組合員の手 によって管内全域で栽培しております。
当組合では平成16年より、播種から収穫まで一貫した指導の下、 「量より質」をモットーに良味米の生産に取組み、 消費者や環境に配慮した減化学肥料、減農薬を中心とした エコ栽培米の生産を推進しております。
平成16年より、全国お米まつり「お米日本一コンテストinしずおか」 において、管内生産者が県知事賞を受賞する等、 全国有数の良味米産地と肩を並べるようになり、 「ごてんばこしひかり」の認知度も年々高くなっています。
また、峰の雪もちについても、静岡県の指定産地としてその基盤を確立し、 県内のモチの需要をまかなっております。


JAごてんばの「エコ栽培米」とは?

平成16年度に経済連による「エコ栽培農産物ゴールド」を取得し、 平成24年度には公的認証制度「エコファーマー認証」を取得しました。 「いつ食べても同じ味」の確立とともに、 「しずおか農林水産物認証」を取得し、トップブランド米として 実需者から評価を得るまでになりました。

平成26年度はANAのファースト・ビジネスクラスの機内食に採用され、 美味しさを世界に広めた年となりました。

平成27年度商品名を「富士山からのおくりもの」から 「このはなの恵み」に変更し、 平成28年度は日本橋三越や銀座三越で扱っていただき、 京都の高級料亭でも「ごてんばこしひかり」が使われるようになりました。

平成29年度、しずおか認証がオリンピック対応となる新基準になり、 平成30年度(平成31年実施予定)は新基準に準拠する予定です。

北駿産米改良推進協議会による認定基準
  1. 種子更新100%で生産されたコシヒカリ。
  2. 認証ほ場で栽培したコシヒカリで、カントリーエレベーターに出荷されたお米。
  3. 栽培方法は当JA生産基準値・化学合成農薬5割減(成分数)、化学肥料5割減(窒素成分)とする。
  4. 栽培履歴の記帳により栽培を管理し、収穫も出荷も一般のコシヒカリとは分別する。
  5. 食味計基準値をクリアしたお米(タンパク値6.9%以下)
  6. 認証ほ場はJA出荷予定ほ場とする。
  7. 土づくり統一資材として、「米の精」や「米ぬか入り肥料」を使用する。
  8. 公的認証制度…「エコファーマー認証」微生物農薬「エコホープDJ」使用 「しずおか農林水産物認証新基準」に取り組む。
しずおか農林水産物認証新基準とは

しずおか農林水産物認証制度(しずおか認証)の一部基準を 平成29年度6月に国ガイドラインに準拠した新基準(東京オリンピック対応) に改正した。 なお、国は2020年東京オリンピック以降、各県の農業生産工程管理(GAP)を発展的に解消する 方針であり、 しずおか認証についても今後の運営方針を検討中。



お米の販売時期

お米の販売時期JA御殿場

※販売時期は米の在庫により変動いたします。


発信情報

管内生産者の実績2018年

  • 米コン2018最高金賞、静岡県知事賞W受賞 遠藤博雄さん
  • 日本一おいしい米コンテストin庄内町 優秀金賞 杉山浩也さん
  • 米・食味分析鑑定コンクール国際大会in飛騨 金賞(ミルキークィーン)斉藤勝俊さん