JA御殿場ロゴ

富士山の清流で育むごてんばこしひかりの里


トップ > 営農事業 > 営農だよりもくじ > 家庭菜園もくじ > ダイコン

ダイコン

JA御殿場家庭菜園

園芸研究家
成松次郎

ダイコンのトンネル栽培 とう立ちの遅い品種を選ぶ

トンネル栽培は晴天日には気温が外気より高く、日中の気温を生育に適切な温度(15~25度) に少しでも長く保つことができます。 さらに、20℃程度の高温はダイコンのとう立ちを打ち消す働き(脱春化という) があります。 このように、トンネルとマルチの利用は、生育促進と、とう立ちを回避する効果があります。
一般地では、種まきは2~3月、収穫期は5月~6月となります。

【品種】
「天宝」(サカタのタネ)、「つや風」(タキイ種苗)はとう立ちが遅く、 低温でもよく太る肌のきれいな品種です。 「大師」(タキイ種苗)はやや短根ですが、密植ができます。

【トンネルの作り方】
支柱の長さは、床幅70~80㎝では、挿しこむ長さを加え、200㎝程度の長さが必要です。 トンネルフィルムは、支柱の長さと同じ程度の幅を使い、 マルチフィルムは、農ポリの穴開きで雑草防止には黒を選びます。 トンネルの土台となる支柱を60㎝間隔に挿し、 フィルムの裾は土で埋め、フィルムの上に押さえる支柱を挿しこむなど 耐風性を工夫しましょう。(図1)

【畑の準備】
種まきの2週間前に1㎡当たり苦土石灰100gをまいて 畑を深く耕して、土を細かく砕きます。 1週間前に化成肥料(N:P:K=10:10:10)150g程度と完熟堆肥1~2kgを施用します。


【畝立てと種まき・間引き】
幅70~80㎝の栽培床(ベッド)を作り、マルチフィルムを早めに張って 地温を上げておきましょう。(図2) 条間45㎝2条、株間27~30㎝とし、1ヵ所4~5粒をまいて、 1㎝程度の覆土をします。 1回目の間引きは本葉1~2枚までに、2回目は本葉4~5枚の頃しっかりした株を1本に残します。


【トンネルの換気方法】
日差しが強くなるとトンネル内は30℃を超えるため、換気します。 穴開きフィルムを使うと、換気の手間が省けます。 穴なしフィルムでは裾を気温に応じて開閉するか、 またはフィルムに穴を開け、 次第に穴を増やして換気量を大きくします。(図3)
3~4月はさらに気温が上がり、葉が茂ってトンネルの中が窮屈になる頃にはトンネルを剥ぎます。

【収穫】
首の太さが8㎝くらい、重さ1kgぐらいが収穫適期です。 若取りして、葉も利用しましょう。 なお、とう立ちが進むと芯が堅くなりますが、花茎(とうの長さ)が 10㎝程度なら問題ありません。

※関東南部以西の平たん地を基準に記事を作成しています。