JA御殿場ロゴ

富士山の清流で育むごてんばこしひかりの里


トップ > 営農事業 > 営農だよりもくじ > 家庭菜園もくじ > モロヘイヤ

モロヘイヤ

JA御殿場家庭菜園

夏に強いスタミナ野菜モロヘイヤ

(園芸研究家 成松次郎)

モロヘイヤは、暑いほど生育が旺盛な野菜。 別名「シマツナソ」「タイワンツナソ」とも呼ばれるアオイ科の1年生植物で、 主にエジプトを中心に北アフリカ、中近東で栽培されています。 古代エジプトの王が病気になり、 医師がモロヘイヤスープを飲ませるとたちまち全快したことから、 「王様の野菜」と呼ばれていたそうです。 カルシウム、βカロテン、ビタミンBなどが豊富な野菜です。 葉を刻むと粘りが出ます。 ただし、子実には有毒物質を含むため、さやの付いた茎葉は食べてはいけません。

【品種】日本に導入されている品種は同系統と思われ、 品種分化は見られません。 「モロヘイヤ」として販売されています。

【栽培期間】じかまきでは、5月下旬から6月中旬に種まきし、 収穫最盛期は7~9月です。

【畑の準備】 畑に1平方mあたり苦土石灰100gを散布し、 種まきの1週間前には化成肥料(N-P-K=10-10-10%)100gと 堆肥1kgを施し、幅90㎝の栽培床(ベッド)を作ります。

【種まき】発芽の適温は30℃前後と高温のため、 早まきしないこと。準備した栽培床に2条、 条間50㎝、株間30㎝として、1ヵ所4~5粒の点まきにします。 なお、セルトレイで苗を作り、本葉4~5枚の苗を植え付けても良いでしょう。

【管理】間引きは2回に分けて行い、 本葉4~5枚まで1本にします。 草丈が60~70㎝のとき、地面から40~50㎝の高さで摘心します。 追肥は2~3週間置きに1平方m当り化成肥料50g程度を施用します。 茎が赤身を帯びてきたら肥料の不足です。 また、十分に灌水(かんすい)すれば、柔らかい葉が収穫できます。

【収穫】収穫方法は、側枝に2~3節を残して、20㎝くらいの先端葉を切り取ります。 盛夏には2週間おきに収穫できます。なお、花は9月頃から開花し、10月には結実(さや)します。

※関東南部以西の平たん地を基準に記事を作成しています。