JA御殿場ロゴ

富士山の清流で育むごてんばこしひかりの里


トップ > 営農事業 > 営農だよりもくじ > 家庭菜園もくじ > コカブ

小カブ

JA御殿場家庭菜園


春取り小カブのトンネル栽培

立春が過ぎ、日差しの強まりを感じ始める頃になると、 今年の家庭菜園の仕事始めです。
一番先に種まきできるお薦めの野菜は小カブです。 トンネルで被覆し、保湿すれば4~5月に、 白肌できめ細かく肌触りの良いおいしい小カブが楽しめます。

種のまきどきは2月中旬です。 寒い地域では気温差を考慮して種まきを遅らせましょう。 種の播き方は、畑に1m幅のベッドを作り、全面に完熟堆肥と菜種油かす、 化成肥料を均一になるようにばらまき、 15㎝ほどの深さによく耕し込みます。

そして、まき溝をくわ幅よりやや広め(17~18cm)に3列、 溝底が平らになるよう丁寧につくり、 溝の外にはみ出さないよう注意しながらジョロウでたっぷり灌水しておきます。
発芽ぞろいまでトンネルは除覆しないので、このことを考えて十分に灌水してください。

種まきはまき溝の中に種間隔が1.5~2cm離して万遍なくまき、 その上に1cmぐらいの厚さに覆土します。 トンネルの裾には土を掛けて密閉して発芽を促します。
種まきしたらすぐ密閉してしまうので、 発芽と初期生育に必要な量を十分灌水しましょう。

発芽して本葉2~3枚に育ったら、 トンネルの頂部に小穴を開けて換気し、 さらに内部が日中30℃を超すようになればトンネルの裾も開けて気温の上昇を防ぎます。

育つにつれて株間が込み合わないよう間引きし、 灌水も適宜行って乾き過ぎに注意してください。 また、生育中は葉の緑が淡くなりかけた頃に、 溝の外側に化成肥料をばらまいて追肥します。

球径が5cm内外に育ったら収穫開始です。 途中で間引いたものも上手に利用しましょう。 春の小カブは葉も柔らかですので、 汁の実や漬物にしても美味しくいただけます。

トンネル換気、除覆すると、コナガ、アブラムシ、ヨトウムシの幼虫などが害するので、 発生状態に注意し、初期に適応殺虫剤を散布して防ぎましょう。
小カブはその後も次々に種をまいて栽培できます。

(板木技術士事務所 板木利隆)

※関東南部以西の平たん地を基準に記事を作成しています。