JA御殿場ロゴ

富士山の清流で育むごてんばこしひかりの里


トップ > 営農事業 > 営農だよりもくじ > 家庭菜園もくじ > チンゲンサイ

チンゲイサイ

JA御殿場家庭菜園

チンゲンサイ

中国華中地方の原産で、中国名は「青梗菜」。 ハクサイの仲間ですが、茎が青くて結球しないのでこの名があります。 戦後中国から導入された野菜は数々ありますが、 チンゲイサイはその代表選手といえましょう。

一番の特徴は、火を通すと緑色が鮮やかさを増し、 煮崩れ、目減りが少ないことですが、 あくがなく、煮物、炒め物、おひたし、 あるいは漬物にと使い道は広がります。

冷涼な気候を好み、生育適温は15~22度ですが、 暑さ寒さにも葉菜類のうちではかなり耐える方で、 4月下旬から9月中旬まで種まきで、案外育てやすいので、 家庭菜園にお薦めの野菜です。

畑にじかまき、または育苗して植え付けと両方ともできますが、 長い間収穫を楽しむにはじかまきを、 そろった良品を畑の回転良く収穫するには128穴のセルトレイ育苗をと、 使い分けると良いでしょう。

じかまきの場合には、あらかじめ全面に完熟堆肥、油かす、 化成肥料を15㎝ぐらいの深さに耕し込み、準備しておいた畑に、くわ幅(15~17㎝)のまき溝を作り、 2~3㎝間隔に種をばらまきします。
覆土は2~3㎝厚さとします。 夏に向かう栽培では防乾、防暑のために、 まいた上に切りわらまたはもみ殻、 完熟堆肥を細かく砕いたもののいずれかで薄く覆っておきます。

発芽したら本葉3~4枚の頃6~7㎝間隔に、 その後逐次間引き最終株間を15㎝ぐらいになるようにします。 生育中15~20日置きに株の周りに肥料をばらまき、軽く土と混ぜ合わせておきます。

チンゲイサイは下の方の葉と葉の間に隙間ができ、 泥跳ねにより土が入りますので、フィルムマルチが有効です。
じかまきの場合には、90㎝幅のベッドを作り、 15×15㎝間隔の穴開き黒色ポリフィルムを敷き、 穴に5~6粒種をまき、発芽したら込み合わない程度に逐次間引き、 本場7~8枚で1本立てとします。 追肥は必要に応じて株間に指先で穴を開けて施します。

育苗の場合にも同じくベッドを作り、 あらかじめ15㎝間隔の穴開き黒色ポリフィルムを敷き、 その穴に本葉7~8枚に育った苗を1株ずつ植え付けます。

種まき後、春は45~55日、夏は35~45日ぐらいたち、 草丈が18~20㎝、150gぐらいに育ったら収穫します。 家庭用ならその半分ほどに育った頃からミニチンゲンサイとして 収穫、切らずに株ごと料理に用いるのも良いでしょう。


(板木技術士事務所 板木利隆)