JA御殿場ロゴ

富士山の清流で育むごてんばこしひかりの里


トップ > 営農事業 > 営農だよりもくじ > 家庭菜園もくじ > サツマイモ

サツマイモ

JA御殿場家庭菜園

サツマイモの上手な収穫と貯蔵法

初夏から盛夏にかけて盛んにつるを伸ばしてきたサツマイモは、 やがて収穫の時期を迎えます。
芋の肥大経過をたどってみると、通常8~9月には半数以上が 50g以上にもなり、その後急成長し10月中旬~11月に入ると肥大は穏やかに なりますが、霜が降りるころまで少しずつ太り続けます。

自家菜園では必要に応じて探り堀り(株元に手を差し込み、 適当に肥った芋だけを収穫する)、あるいは早掘り(株全部を掘り取る)して、 8~9月ころから秋の味覚を楽しむようにしましょう。

本格的な収穫の適期は、10月下旬~11月で、肌寒さを感じ、 初霜も近くなった頃です。
初霜が降りると若い葉が枯れるので、すぐわかります。 何回か降雪に遭い、多くの葉が黒く枯れあがったら待ったなし、 急いで全部掘り下げてください。
収穫日はできるだけ畑が乾いていた方が芋の為にも作業のしやすさのためにも好都合です。

収穫の手順は、まずつるの株元部分を掘り出し、地際のつるを地上4~5㎝残し、 鎌で刈り取ります。
刈り取ったつるを畑の外へ運び出し、畝を丸裸にし、マルチフィルムを剥がしてから、 芋を傷つけないよう注意して株元に大きくくわを打ち込み、芋全部を掘り出します。

その際注意すべきことは、つるは強大で大きく絡み合っているので、 畑の中で50~60㎝ほどの長さに鎌で切り分けて、畑から運びだしやすくしておくことです。
また、堀り取る際に、貯蔵予定の芋は、つるから外さないよう注意して扱い、 容器に入れて丁寧に持ち運ぶようにしましょう。

刈り取った大量のつるは、畑の隅などに堆積して乾かしておきます。
このつるは堆肥材料としてもよく、特に来春のトマトなど果菜類の元肥溝に、 粗大堆肥材料として施すと、大きな役割を果してくれます。

貯蔵方法は、水はけの良い場所を選び図のように深さ70~80㎝の穴を掘り、 底の部分に稲わらを敷き、つるのついたままの芋を傷つけないよう 丁寧に重ね入れます。 収め終わったら上にも稲わら、もみ殻を覆います。 貯蔵の適温は13度、湿度は90%が目安です。

少量の貯蔵なら、芋を新聞紙にくるんで、 保湿性の高い発砲スチロールの箱に入れ、室内の冷暗所に置くだけで十分です。

(板木技術士事務所 板木利隆)