JA御殿場ロゴ

富士山の清流で育むごてんばこしひかりの里


トップ > 営農事業 > 営農だよりもくじ > 家庭菜園もくじ > ルバーブ

ルバーブ


ジャムにして逸品、ルバーブの薦め

ルバーブはシベリア南部が原産のタデ科の野菜(和名:大黄)です。 日本では知名度が低いものの、ギリシャ、ローマでは紀元前から医薬用として 用いられたとされ、ロシア、北欧、スイス方面を旅すると、家庭菜園でもよく見られます。
草丈は50~60㎝、葉幅30~35㎝、葉柄の大きさが2~3㎝にもなる大株の、多年草の強健野菜です。
この葉柄の部分は、肉の消化を助ける酵素が含まれ、 カルシウムも多く、豊富な繊維質は整腸、脂肪分を取り除く効果が あるとされますが、魅力なのは強い酸味で、これを生かしたジャムの味は逸品です。
加工も容易なので、地産地消の村おこし野菜としてもお薦めです。
ジャムの他に、マーマーレードや砂糖漬け、シャーベットなどにも利用できます。
葉を食べてもおいしくないので、鳥獣害を受けにくく、山間地を利用して栽培されている 所もあるようです。
育て方は、3月下旬~4月に種まき、苗作りをして畑に植え出す方法と、 すでに栽培されている根株を3月頃株分けして、植えつける方法があります。
苗は市販されていることはあまりなく、ネット通販で探すのが手っ取り早いでしょう。
強健な多年草で、一度植えておけば、数年間収穫し続けられます。


冬の間は葉が枯れて休眠し、耐寒性は強く、夏の暑さにもよく 耐えて育ちますが、土壌の多湿には弱いので、排水の良い畑を選びます。
あらかじめ石灰をまいて耕しておいた畑に、元肥に荒い堆肥と油かすを施し、 条間120㎝、株間50㎝ぐらいに植えつけます。
その後、生育中に2~3回、若干の油かすと化成肥料を追肥し、成長を促します。
植え付けた1年目は収穫せず株を大きく育て、2年目の5月から6月にかけて、1回に 2~3枚の葉を、葉柄につけて切り取り収穫します。
7月ごろとう立ちし、白い花をにぎやかに咲かせますが、そのままにしておくと 株の育ちが悪くなるので、早めに切り取ります。