JA御殿場ロゴ

富士山の清流で育むごてんばこしひかりの里


トップ > 営農事業 > 営農だよりもくじ > 家庭菜園もくじ > イチゴ

イチゴ

JA御殿場家庭菜園


イチゴの植えつけと管理の要点

イチゴは苗づくりから始めると栽培期間が1年近くもかかり、 収穫は露地栽培では約半月で終わってしまうので、家庭菜園では取り組みにくいものでした。
しかし、太陽をいっぱい浴びた旬のイチゴの魅力は格別で、育てたいと希望する人は大変多いものです。
幸いなことに、最近ではイチゴ事情がだいぶ変わり、入手が難しかった苗が出回り始めました。
また、大手種苗会社からは、新品種を含めた数々の品種の苗が販売されるようになり、 栽培に取り組みやすくなったといえるでしょう。
イチゴの植えつけ適期は、10月中・下旬(関東以西の平たん地の場合)です。
早めに苗の購入予約をし、良い苗を確保しましょう。
露地やトンネル栽培では「宝交早生」「ダナー」が従来からの代表種ですが、 ハウス栽培や、日当たりの良い軒下でプランターを使った早取りでは「章姫」「とよのか」 などがいいでしょう。
そのほか、数多くの新品種が大手種苗会社から売り出されています。
特性と栽培法を確かめて入手してください。植えつけ15~20日前までに、元肥として完熟堆肥と油かす、 有機配合肥料、化成肥料などを、ベッド全面に散布し、15~18cmの深さによく耕し込みます。
イチゴの根は日当たりに大変弱いので、植えつけまでに肥料が十分に分解していることが大切です。
プランターの場合は、ピートモス主体の専用培地を用い、肥料含有量を確かめ、 少ないようならば、事前に油かすと化成肥料を少々補います。
未熟な腐葉土や有機質肥料を直前に施用することは禁物です。
畑でベッドに2列植えする場合には、出てくる花房の向きを外側に、 プランター場合は一方向を向くように植えつけます。
植えつけに当たっては図のように、クラウンが地上に出る程度とし、深植えしないことです。
植えつけ後、晴天なら毎日かん水し、乾かさないようにして活着を促します。

(板木技術士事務所 板木利隆)