JA御殿場ロゴ

富士山の清流で育むごてんばこしひかりの里


トップ > 営農事業 > 営農だよりもくじ > 家庭菜園もくじ > シュンギク

シュンギク

JA御殿場家庭菜園


茎が長く伸びる新顔のシュンギク

このシュンギクは、名前を「スティックシュンギク」といい、 双葉と第一本葉の間の茎の部分が、育つにつれてどんどん伸びるシュンギクの新しい品種です。
葉は小形で刻みは細かく、きゃしゃです。
この品種は味に特徴があり、シュンギク独特の香りと苦味が少なく、 茎や葉が普通のシュンギクに比べて柔らかく、歯切れがよいので、 収穫してそのままコップに挿してスティックサラダにしたり、 カットしてほかの野菜と合わせてサラダにして食べることができます。
もちろん、おひたしにしたり、鍋物にもよく、使い道は大変広いといえます。
やわらかいので、調理の際はさっと火を通すだけ。
臭みが少ないので、子供もく食べてくれます。
育て方は普通のシュンギクに準じ、50㎝間隔にくわ幅のまき溝を作ってばらまきにするか、 ベッドに15㎝間隔に、板ぎれで2㎝幅のまき溝をつけ、 筋まきします。
本葉2~3枚のころ2㎝内外の間隔になるように間引きします。
その後、草丈が10㎝ほどに育ったころ3~4㎝の株間になるよう間引きます。
このとき、残った株の草丈をなるべくそろえるのが良品を得るこつです。
間引きしたあとに、くわ幅まきの場合は列の片側に、 ベッド筋まきの場合は列間に化成肥料と油かすを追肥し、 肥切れさせないように育てます。
露地栽培では3~5月と8~9月がまきどきですが、 トンネルを被覆すれば2月中旬からたねまきできます。
収穫は草丈が15~20㎝になったころからですが、 鍋物には25~30㎝ぐらいが好適でしょう。

(板木技術士事務所 板木利隆)