JA御殿場ロゴ

富士山の清流で育むごてんばこしひかりの里


トップ > 営農事業 > 営農だよりもくじ > 家庭菜園もくじ > 白菜

白菜

JA御殿場家庭菜園


結球白菜作りのポイント

中までよく締まった白菜の球は、70~100枚という多くの葉によって構成されています。
このような立派な白菜を育てる上で大切なポイントは次の3つです。
1.種まきの適期を外さないこと 夏の暑さが峠を越した頃の8月下旬が標準です。
早すぎると暑さのため苗の育ちが悪く、後で病害が出やすくなります。
遅すぎると最も育ち盛りの頃に気温が低下してしまうため、 葉の肥大が足りず、成長点に花芽ができて葉の枚数の増加が止まってしまい、 球のしまりが悪くなってしまいます。
最適期は4~5日と考えてよいでしょう。
2.根の分布に応じた施肥を入念に白菜の根は浅く、 横に広がる性質を持っているので、元肥は前面にばらまき、 深さ15~18センチメートルぐらいに耕し込むようにします。
涼しくなると盛んに肥料を吸収し、急速な成長を遂げますから、 元肥には良質な堆肥と油かす、化成肥料を施し、植え付け後、 20日と40日、結球し始めの頃の計3回を目安に追肥するように心がけましょう。
野菜の中では多肥好みですから、多量の降雨で肥料が流失したと思われるときは、 それを補うための追肥も必要です。
3.害虫防除を怠らないこと アブラナ科好みの害虫は必ず発生するものと考え、苗床から防除に努めます。 べたがけ資材で飛来を防止するのが1番有効です。
苗床から本圃の前半の時期(株同士の葉が重なり始める頃まで) に被覆すれば、ほとんど農薬に頼らないで済みます。

白菜の上手な貯蔵方法

大きく育ち、固く結球したハクサイは、 一斉に収穫するだけでなく、ある程度は畑に残して順次収穫し利用したいものです。

この場合、畑でそのままにしておくと、厳しい霜や寒風のために、 球の頂部の柔らかい葉や外葉がカサカサになり、 やがてそこから腐って食べられなくなります。
防寒対策を施して長い間利用したいものです。

一番簡単な防寒対策は、霜が降り始めたころ、 先に収穫した株の少ししおれかけた外葉を球の頭上に4~5枚覆いかぶせておくことです。
少ししおれかけていた方が球になじみやすく風で吹き飛ばれにくいので好都合です。

畑にある程度長く置く場合は、なるべく多くの外葉で球を包むようにして、 ポリテーブや細縄などで縛っておきます。
元気良く育つと葉折れがひどく、作業しにくいので、 多少霜に遭い葉が柔らかさを増してから作業するようにしましょう。

相当広い面積の畑で多数の株を貯蔵するには、べた掛け資材 (長繊維不織布、割繊維不織布)を広げて、 頭上に2~3枚重ね掛けするのが効果てきです。
プラスチックフィルム、特にポリフィルムは、じか掛けにすると その直下は一時的に外気温よりも低くなってしまうので、 使用しないで下さい。

大面積の栽培での本格的な貯蔵法として囲い貯蔵法があります。
これは、白菜を畑から根ごと引き抜いて、別の場所に根を下方に向けて 密に並べ置き、上に稲わらなどの保温材で覆って寒さから守る方法です。
この場合、寒害を受ける前に、通常よりもやや若取りすることが大切です。
そして寒害を受ける直前に貯蔵に取り掛かるよう配意します。
この方法を上手にすれば、約2カ月も長期貯蔵することが可能です。

いずれの防寒、貯蔵方法でも、貯蔵する前にアブラムシや アオムシなどが寄生していると増殖してしまう恐れがあるので、 事前に薬剤防除することが肝要です。

収穫後に短期間品質を保持するには、新聞紙にくるんで涼しい場所に立てて置くのが簡単です。 これで約1週間鮮度を保てます。

(板木技術士事務所 板木利隆)