JA御殿場ロゴ

富士山の清流で育むごてんばこしひかりの里


トップ > 地域の見所 > 地域のイベント

地域のイベント

東京より100km圏内にある静岡県御殿場市・駿東郡小山町は富士山を望む絶景と手つかずの自然、 多くのイベントや観光スポットに溢れています。
ここでは当組合管内の魅力の一部をご紹介いたします。


夏まつり:開催時期8月上旬(御殿場市)
会場は御殿場駅前を通る県道沼津小山線で、南北2区画に分け、 2日間にわたり歩行者天国が行われる御殿場夏の風物詩です。
会場では吹奏楽、鼓笛隊、フラダンス等地元の団体が富士娘を先頭にパレードを行い、 その他わらじ競争、山車曳き回し、打ち上げ花火等数多くのイベントが行われます。
御殿場市



金太郎まつり:開催時期7月下旬(小山町)
金太郎が誕生した小山町夏の一大イベント。昼夜を通し様々な催しがあり、 子供から大人まで楽しめます。
祭りの昼のメインは町内を流れる鮎沢川を使用し、 タイヤチューブを利用した乗り物で競争する「おやまDEどんぶらこ」で、 毎年約700~800人が参加しています。
夜のメインはフィナーレに行われる約15分間の花火大会です。
小山町



富士山太鼓祭り:開催時期7月下旬(御殿場市)
「日本一の富士山で、日本一の太鼓の祭典を」を合い言葉に、 地域の産業振興を目指し、昭和61年に標高1,400mの富士山御殿場口において全国の和太鼓奏者が集う、 第1回「富士山太鼓まつり」が開催されました。
祭りのメインはなんといっても「一人打ちコンテスト」で、 第2回からはじめられたこの「一人打ちコンテスト」は全国から和太鼓奏者達が一堂に会し、 日々の研鑚の成果を競うというものです。
第8回からは、世界最大級の和太鼓『富士山』(地上高3,776mm)を使い、 「大太鼓富士山一人打ちコンテスト」として更に盛り上がりをみせています。



農協祭:開催時期11月中旬(JA御殿場)
推定来場者数が2日間で22,000人と全国でも有数の農協祭を当組合が開催しております。
農産物品評会、もちまき、地域特産物の加工品を提供するサービスコーナーは非常に人気があり、 東京や静岡など遠方からも多くの来場客があります。
農協祭



高尾祭:開催時期11月下旬(御殿場市)
徳川時代初期、甲府の高尾山より分霊された神社で豊作と商工業の繁栄、 家内安全、開運、福運などを祈念するお祭りで、 千両箱や宝船などの縁起物がさげられた「お宝」が神社へ続く道を彩ります。
お宝を購入すると威勢のいい手締めが行われ会場は活気に溢れています。 祭りは夕方5時から翌朝4時まで続きます。