営農だより2018年野菜第6号|JA御殿場
JA御殿場ロゴ

富士山の清流で育むごてんばこしひかりの里


トップへ戻る > 営農事業 > 営農だよりもくじに戻る > 2018営農だより野菜第6号

JA御殿場営農経済部
平成30年第6号 5月18日発行

営農だよりJA御殿場


6月になると梅雨に入ります。その前に必ず排水対策を行いましょう!
良い野菜を作る基本です。
鍬やスコップ、管理機を使って明渠(めいきょ)を作りましょう!!

タマネギのべと病が発生しています

JA御殿場管内でべと病が発生しています。 写真の様な症状がでているほ場は下記農薬を 散布して下さい?


『プロポーズ顆粒水和剤』 や『リドミルゴールドMZ』をローテーションして散布しましょう!!

プロポーズ顆粒水和剤(治療剤)
適用病害名
白色疫病・べと病・灰色カビ病
希釈倍率
1,000倍
使用液量/10a
100~300㍑
使用時期(収穫前)
7日前まで
使用回数
3回以内
使用方法
散布
リドミルゴールドMZ(治療剤)
適用病害名
白色疫病・べと病
希釈倍率
1,000倍
使用液量/10a
100~300㍑
使用時期(収穫前)
7日前まで
使用回数
3回以内
使用方法
散布

※タマネギの収穫が近くなりました
いよいよタマネギの収穫です。葉の倒伏はタマネギの収穫のサインです。 葉が倒伏して1週間後が収穫適期です。 乾燥した状態で収穫しないと腐りやすくなる為、 必ず晴天日に収穫して下さい?


ナスの栽培管理法
1.多収穫栽培のPoint

  1. 整枝、誘引、摘葉作業をこまめに行う
  2. 樹勢を弱らせないように追肥を行なう
  3. 定期的な病害虫予防を確実に行う
2.栽植密度と仕立て方

~株間によって3本から4本としV字型に仕立てる~

【株間75㎝~1mの場合】4本仕立てとする。
【株間50㎝~60㎝の場合】3本仕立てとする。

3.追肥と灌水
【追肥】

追肥は、1番果の収穫時期に速効性の化成肥料で1aあたりチッソ成分で0.3㎏程度施肥する。
その後は、10~14日間隔に樹勢をみながら行なう。

施肥例(1aあたり)

資材名
燐加安S550
施肥量
2kg
【灌水】

梅雨明け後の高温乾燥は、ナスには好ましくありません。 敷きわらを行い、地温の上昇とうねの乾きをやわらげるとともに乾燥時には、 うね間にたっぷり灌水して下さい。

4.防除
害虫名
テントウムシダマシ
剤名
モスピラン顆粒水溶剤
倍率
4,000倍
キュウリの栽培管理
1.追肥

キュウリは収穫を開始した頃より追肥を行い、 窒素成分で0.2~0.3kg/1a程度を10日おきぐらいに生育を見ながら施肥を行ないましょう。 追肥をこまめに行なう事で品質の良いキュウリを長期間収穫する事ができます。 また、樹勢を保つ事で病気の発生が軽減されます。

【樹勢の判断】
開花節から生長点までに、展開葉が5~6枚あれば順調。 それ以下であれば樹勢が弱いので追肥を行なう。

施肥例(1aあたり)

資材名
新FTES280
施肥量
2.5kg
2.整枝

こまめな整枝で、樹勢を維持しましょう。

3.防除
病名
べと病・うどんこ病
剤名
ダコニール1000
倍率
1,000倍

病名
ウリハムシ
剤名
コテツフロアブル
倍率
2,000倍

※毒劇物の為、購入する際には印鑑を持参して下さい

4.摘葉・摘果
摘葉
古葉、黄化葉、病葉を随時除去し、新葉や側枝に光がよく当たるようにする。 下葉を除きすぎると草勢の低下を招きやすいので注意する。
摘果
商品化できない曲がり果や奇形果を早めに摘果し、株の負担を軽くする。
ジャガイモの管理part2
【排水対策】

梅雨時期は多雨多湿な季節→病気は多湿条件でおきやすい!!
土寄せと同時に、排水用の溝をしっかり作りましょう
※ただ溝を切るだけではなく、水がしっかり抜けるように溝を切る事がPoint

多湿条件で発生しやすい病気(疫病)
写真:疫病の地上部被害
・裏面健全部との境界部に白色霜状のカビを密生する。
・壊死病斑周囲には淡緑~緑色の変色帯が見られる。


薬剤名
ダニコール1000
対象病害虫
疫病
倍率
1,000倍
使用回数
5回
収穫前
7日前まで


JA御殿場の提案作型です。挑戦してみませんか!?