JA御殿場ロゴ

富士山の清流で育むごてんばこしひかりの里


トップへ戻る > 営農事業 > 営農だよりもくじに戻る > 2018営農だより野菜第13号

JA御殿場営農経済部
平成30年第13号 9月5日発行

営農だよりJA御殿場


目標 適期管理・適期防除・適期収穫で品質の良い野菜を栽培しよう!!
大根の栽培
大根の生理・生態的特徴
発芽条件
発芽適温15~30℃、最低4℃、最高35℃
温度反応
生育適温は17~21℃、最低5℃、最高32℃、 -5℃以下で凍害発生、42℃以上で高温障害が発生
播種時期
8月下旬~9月中旬
Pointは品種選び

栽培する季節に応じて品種を選びましょう。
トウ立ちしにくい春どり用、 暑さに強い夏どり用、秋から冬にかけて収穫できる秋どり用と、 これらの品種を上手く選んで栽培すれば長期間に収穫できます。

大根は冷涼な気候を好み耐寒性がありますが、 肥大した根は凍害を受けます。低温にあうと花芽が作られ、 春になるとトウ立ちします。 これらの性質は品種により異なりますので注意して下さい。

※品種により異なりますので、種子袋を確認して下さい。

管内優良生産者の栽培方法から学ぶ!!

ほ場準備
  • 排水の取れた、水はけの良いほ場を選ぶ。
  • 大根は直根性で根が深く生育する為、できるだけ深く耕す。(30㎝以上)
  • 石や雑草の根などを取り除く。
施肥
1a当たり
施肥 資材名 施肥量 備考
土壌改良材 粒状アヅミン苦土石灰 9kg 播種の2週間前に施用
元肥 粒状ようりん 4kg
園芸化成S550 10kg

※堆肥は股根の原因となる為、前作に施す。

播種
  • 大根は移植を嫌う為、直播栽培とする。
  • ほ場が乾燥していたり、雨が少ない時期は、事前に灌水しておく。
  • 元肥を施用後覆土し、鍬の幅分鎮圧し、まき溝を作る。
  • 条間45㎝~60㎝、株間27㎝、溝の深さは1㎝ほど、1つの穴に3~5粒まき、 厚さ1~2㎝ほどに覆土する。間引き本葉が5~6枚ごろまでに行い、 1本立ちにする。 目安⇒芽が出てから10日後に間引き
  • 播種後、覆土し、再び鍬で鎮圧する。発芽率が上がり股根も減る。
害虫防除
  • フォース粒剤をキスジノミハムシ対策で1aあたり600g~900g播種時に散布し 全面土壌混和する。
  • 毎年キスジノミハムシの被害が多いほ場はフォース粒剤散布20日後、 7~10日間隔で3回散布する。系統の違う農薬を散布する。
    ①パダンSG水溶剤②ハチハチ乳剤③サイアノックス乳剤
薬剤名 対象病害虫 倍率 1a当たり使用液量 使用回数
収穫前
※フォース粒剤 キスジノミハムシ - 0.6kg~0.9kg 使用回数1回で
播種時に
全面土壌混和
※パダンSG水溶剤 1500倍 10~30ℓ 3回以内
7日前まで
※ハチハチ乳剤 2000倍 10~30ℓ 1回以内
30日前まで
サイアノックス乳剤 1000~2000倍 10~30ℓ 2回以内
14日前まで

読劇物の為、購入する際には印鑑を持参して下さい。

除草

土壌処理剤(除草剤)を上手く活用する事で雑草を抑える事ができます。 土壌処理剤とは、これから出る雑草の種の発芽を抑える除草剤です。 規定量を均一に散布しましょう。

作物名 使用時期 薬量/1a 希釈水量/1a 使用回数
使用方法
大根
(露地栽培)
播種直後 15~20㎖ 10ℓ 1回
全面土壌散布
コマツナの周年栽培

コマツナはアブラナ科です。

奨励品種
ひろみ(野原種苗株式会社)
あぐりーんにて注文できます。納品にお時間頂きます。
コマツナは周年で栽培できます。 キスジノミハムシの多いほ場は避けましょう!!
1.施肥
1a当たり
施肥 資材名 施肥量 備考
堆肥 牛ふん堆肥 100kg 播種の2週間前に施用
土壌改良材 米ぬか 18kg
粒状石灰窒素 3kg
粒状アヅミン苦土石灰 9kg
元肥 味好1号 10kg 播種の1週間前に施用

2.栽植密度
  • 条間15~20㎝の点まき(株間3~4㎝2粒まき)にし、覆土を1㎝し鎮圧する。
3.栽培の特性
  • 菜類のうちでは最も寒さ暑さに強く、特に冬の青物の少ない時期に、 比較的短期間に容易に栽培できます。
  • 連作の害が出にくい野菜で、かなりの連続多回作にも耐えられます。
3.病害虫防除
  • 害虫は、見つけしだい捕殺するか、寒冷紗などのトンネル被覆を行い、 物理的に防除します。
  • 病害虫対策は、予防防除が重要となります。
薬剤名 対象病害虫 倍率 使用量
1aあたり
使用回数
収穫前
※フォース粒剤 キスジノミハムシ - 0.4kg 使用回数1回では
種時に全面土壌混和
※コテツフロアブル コナガ・アオムシ 2000倍 10~30ℓ 使用回数1回
収穫前3日前

劇物の為、購入する際には印鑑を持参して下さい。

レタスの栽培

播種、施肥等の栽培方法は、「営農だより野菜版12号」を見てください。

品目・品種 畝間 株間 条間 条数 播種時期
半結球レタス
リバーグリーン
200㎝ 25~27㎝ 27~30㎝ 4条 8月下旬~9月上旬
農業振興支援事業のご案内
事業目的
組合員の農業経営における経営改善に対し補助を行い、 生産コストの低減、栽培管理の効率化と栽培環境の整備、 農業経営の継続を支援し、地域農業の活性化を図る。
事業内容
ハウス建設支援事業 ハウス利用による農産物のJA御殿場への出荷を目的に 耐雪ハウスを新規に導入または増設する場合の経費の一部助成。
  1. 新規によるハウス導入または増設
  2. 1人当たり上限2棟まで可。(但し、複数年で2棟とする)
  3. ハウス規模は10坪以上とし、耐雪ハウスとする。
補助内容
事業名
ハウス建設支援事業
補助率
50%
補助金限度額
20万円
対象者

下記の条件をすべてみたしている生産者が対象となります。

条件1:JA御殿場の組合員(正組合員、准組合員)
条件2:ファーマーズ御殿場の会員または、野菜の部会・研究会員(とうもろこし、ゴーヤ等)
条件3:継続的にJA御殿場に野菜を出荷する者。