JA御殿場ロゴ

富士山の清流で育むごてんばこしひかりの里


トップへ戻る > 営農事業 > 営農だよりもくじに戻る > 2018営農だより野菜第11号

JA御殿場営農経済部
平成30年第11号 8月3日発行

営農だよりJA御殿場


目標

適期管理・適期防除・適期収穫で品質の良い野菜を栽培しよう

白菜の栽培
奨励品種
晴黄65・75(タキイ種苗株式会社)
播種時期
8月中旬

白菜栽培のポイントは、播種と定植の適期を守ることです。 播種が早すぎると病害にかかりやすく、 遅すぎると結球しないことがありますので注意してください。また、収穫時期に応じて、 早生から晩生まで様々な品種があります。推奨品種は晴黄65・75です。

※播種の時期は8月中旬が目安です。

  1. 半日陰の場所で管理
  2. 風通しの良い場所で管理⇒空気のこもり易い場 所は温度が上がるので注意する。
  3. 水管理は切らさず、くれ過ぎず⇒水くれは毎日1 回午前中までに行う。夕方の灌水は徒長苗の原因
1.播種方法(セルトレイ)
  1. セルトレイに培土を十分詰めた後、十分灌水を行う。
  2. 3~5mmの深さに播種を行い、覆土を行った後に軽く灌水する。
  3. 出芽までは、直射日光の当たらない涼しい場所で管理する。又は遮光資材を使用する。
発芽後の管理
  • トレイは風通しを良くする為、地面の上に直接置かない。
  • 灌水はできるだけ午前中(朝方)に行い、 日暮れの頃にはトレイがやや乾く程度に管理しましょう。
  • 育苗期後半(播種後10~14日)が過ぎたら、屋外で育苗し夜露や風に当てて外気に慣れさせましょう。
  • 夏場は毎日潅水が必要です。特にトレイの縁は乾きやすいので注意が必要です。
2.土づくり
施肥例1a当たり

資材名 施肥量
堆肥 牛ふん堆肥 200kg
土壌改良材 苦土石灰(粒) 10kg
粒状ようりん 8kg
元肥 新FTE燐硝安加里s280 14kg
追肥 NK化成2号 4kg
3.定植

・本葉5~6枚で定植する。

・晴天で風のない日に行う。

4.追肥

・追肥は苗の活着をみたら早めに数回に分けて行う。

・結球開始前までに終えないと球の肥大充実が遅れる。

5.病害虫防除【根こぶ病対策】
薬剤名
ネビリュウ
使用量
2~3kg/1a当たり
使用時期
播種又は定植前
使用回数
1回
使用方法
全面土壌混和
キャベツの紹介

キャベツの最も栽培しやすい作型は、夏まき秋収穫です。
品種をかえて長期収穫を目指して下さい。

奨励品種
新藍(サカタのタネ)
播種時期
8月上旬
定植時期
9月上旬
収穫時期
11月上旬以降

奨励品種
冬藍(サカタのタネ)
播種時期
8月上旬
定植時期
9月上旬
収穫時期
11月下旬以降
あぐりーん又は支店購買窓口にて注文できます。納品にお時間頂きます。
1.施肥
1a当たり

資材名 施肥量 備考
堆肥 牛ふん堆肥 250kg 定植の1ヶ月前に施用
土壌改良材 畑のカルシウム 10kg
元肥 粒状ようりん 3kg 定植の1週間前に施用
園芸化成S550 15kg
追肥 新FTE燐硝安加里s280 3kg
栽植密度

畝間75~80㎝、高さ8~10㎝、株間30~40㎝(早生)・40~45㎝(中生~晩生)とする。

株間は収穫するキャベツの玉大きさにより調整しましょう。
注:株間が広いと大玉になります。
追肥

本葉10~15枚時及び結球開始直前に、畝間に施用し同時に中耕を行いましょう。 結球期での追肥・中耕は、根の切断により生育を遅らせ、 収量・品質を低下させる為、追肥は必ず結球前に行いましょう。

病害虫防除

コナガ・アオムシ・ヨトウムシ 対策とし、 プレバソンフロアブル5を灌注処理しましょう? 使用時期は育苗期後半~定植当日で1回までとなります。『散布3回、灌注1回』展着剤は入れないで下さい。 薬液:100倍 水量:1セルトレイあたり500mlです。

大根の栽培!これは守ろう!
北駿地域の大根の一般的な適期は9月初旬になります。 大根は暑さに弱い野菜なので、真夏の猛暑に当たると葉から水分が奪われ、 土の中の根の水分が不足し、 これが原因となり根がスカスカになる事によって“ス”が入ってしまいます。
播種時には必ずキスジノミハムシ対策でフォース粒剤を播種時に1aあたり0.9㎏全面土壌混和して下さい。
トマトの管理
トマトの生理障害と対策
状態 裂果 尻腐れ果
原因 高温、乾燥により幼果の段階で白熟し
果皮が硬化して弾力性が無くなる。
カルシウム欠乏
低段果房の場合
窒素肥料過多によりカルシウムが吸えない。
中上段果房の場合
灌水不足による萎れでカルシウム供給できない。
対策 灌水量を増やし、畑を乾燥させない。
葉を繁らせて、果房に日陰を作る。
(特に7~8月の高温時期に要注意)
低段果房の場合
元肥の窒素料を減らし、初期の草勢を抑える。
中上段果房の場合 こまめに灌水を施し、
萎れさせない。カルシウム系葉面散布剤の使用。

オンシツコナジラミが発生してませんか?

葉の裏に無数につき、白い粉のようなものが 舞い上がります。葉は変形しないが、成虫、 幼虫ともに吸汁し生育を阻害します。排泄する甘露が原因で、 すす病が発生しトマトが黒く汚れます。

オンシツコナジラミ対策
薬剤名 倍率 使用液量 使用回数
スタークル顆粒水溶剤 2000~3000倍 使用液量:
10~30㍑
収穫前:前日まで
2日以内
モスピラン顆粒水溶剤 2000倍 3日以内
コルト顆粒水和剤 4000倍 2日以内
ウララDF 2000倍 3日以内

※抵抗性がつくのでローテーションして散布しましょう!

カリフローレの調整方法

日本生まれのスティックカリフラワー。 花軸の食味を追及し、 スティック状に収穫できるように育種したカリフラワー。 ユニークな形状、花蕾の白と花梗(軸)の緑のコントラストが鮮やかで、 加熱すると透明感のある緑色となる美しさは、 料理のインスピレーションを刺激します。

奨励品種
カリフローレ80(秋まき)
(トキタ種苗株式会社)
播種時期
7月上旬~8月上旬

調整手順
  1. 適期の株を収穫
  2. 大中小(長中短)を適宜混ぜて1袋分の重さに揃える。
  3. 奥(下)に大きい物、手前(上)に小さい物を入れ、ロゴ面が張る様に袋の口を絞る。

袋詰め

袋の口を手前に向け、花蕾が奥になるように入れる。 直径1.5㎝程の花蕾で5~6本がバランスが良い。 それより大きい直径2.5㎝程の場合は、花蕾の大、中、小を段々に入れると入れ易い。 出荷規格1袋(5~6本程度)120g~150g(100g規格として流通) 収穫・調整・梱包を2時間で100袋/1人。1株1㎏以上で1株5~6袋出荷可能。 80サイズの箱に20袋を目安に出荷する。