JA御殿場ロゴ

富士山の清流で育むごてんばこしひかりの里


トップへ戻る > 営農事業 > 営農だよりもくじに戻る > 2018営農だより水稲第3号

北駿産米改良推進協議会
JA御殿場営農課
平成30年第3号 4月5日発行
TEL:0550-84-4820

営農だよりJA御殿場

目標
  1. 「米ぬか入り肥料」の施用により、循環型農業の実践
  2. 粒張が良く、食味値80点以上の良食味米
一人ひとりの取組意識が
「ごてんばこしひかり」のブランド力を高めます

平成30年の播種作業が始まります!!

向こう1ヵ月の天気は、平年に比べ気温が高くなると予測されています。 4月の2週目は晴れの日は多いものの気温は平年並みか低く、 3~4週目は曇りがちですが気温は高くなる見込みです。 変わりやすい気温ですので育苗の温度管理には充分注意を払って下さい。

良食味米栽培にとって『播種・育苗』の時期が最も重要な時期となります。 昔から苗半作と言われるように、苗の良し悪しはその後の稲姿に大きく影響します。 ①薄播きすること②温度管理③水管理に充分注意を払い、 活着の良い充実した苗を育てましょう。 今年度も食味値80点以上を達成しましょう!!


【資材の消毒】

前年使用した浸種用のおけや、育苗箱には雑菌が残っています。 資材は必ず充分洗浄し、「ケミクロンG」 で消毒して下さい。
育苗箱瞬間浸種→ケミクロンG 1,000倍→水100Lに対してケミクロンG100g
ジョウロで散布→ケミクロンG 500倍→水100Lに対してケミクロンG200g
【良質苗(薄播き苗)⇒中苗が望ましい】
播種量
  播種期 播種量
(箱あたり)
植付本数・必要箱数
乾籾 催芽籾
稚苗 田植え前
20~25日
115g 150g 分げつの取れやすいほ場…3~3.5本植え 18箱/10a
分げつの取りずらいほ場…3.5~4本植え 20箱/10a
中苗 田植え前
30~35日
85g 110g 分げつの取れやすいほ場…3~3.5本植え 21箱/10a
分げつの取りずらいほ場…3.5~4本植え 23箱/10a

稚苗の場合
育苗期間が短い。使用苗箱数が少ない。
中苗の場合
少ない播種量で1本1本が太い充実した健苗。
太茎になり、穂になる率が高い。
穂揃いが良くなる。初期の段階で藻類に負けない。登熟が良い。
しかし育苗期間が長い。葉齢3.5葉まで(約30~35日)の管理が必要。

培土使用量

~使用量を間違えると、苗の生育に影響するので注意~

  • 「合成培土3号」床土1.8㎏ 覆土1.1㎏    7.0枚/袋
  • 「宇部培土」床土2.5㎏ 覆土1㎏    5.7枚/袋
【灌水】

十分に灌水する。(灌水量は、使用する培土によって異なる)
目安~床土を握って指の間から水がにじみ出る程度 (一般的には、1L程度/箱)

覆土後の灌水は、 酸素欠乏を引き起こし、 発芽障害の原因となるので絶対にしない!!
【かびによる立枯病予防剤の散布】

播種時(購入培土の場合も必ず使用)

  • ダコレート水和剤… 1袋100g/60L 600倍→60箱分 1箱1,000ml灌水
    (リゾープス菌・トリコデルマ菌・フザリウム菌)
  • ダコニール1000… 1本250ml/250L 1,000倍→250箱分 1箱1,000ml灌水(リゾープス菌)
  • タチガレエースM液剤… 1本100ml/100L 1,000倍→100箱分 1箱1,000ml灌水 (ピシウム菌・フザリウム菌)
  • 3種類からどれか1つを選択し使用する。
【出芽】
  1. 温度設定30℃を目途に出芽させる。(30℃以上では、細菌病発生の危険性が高まる。)
  2. “うど芽”が1cm(土からでなく、籾から1cm)になったらハウスに拡げ、 4~5日ラブシートを掛け緑化させる。
この時点で、うど芽を伸ばしすぎると、 せっかく薄播きしても、良い苗はできません!!

★苗の菌による苗立枯病の症状は以下の4つです★

病原菌 特徴・診断 発病条件
リゾープス属菌 発芽~緑化初期に退色し生育が悪くなる。 地面より上方に灰色のカビが一面に発生。 高温・多湿条件下で発生。
フザリウム属菌 地際部の葉鞘が褐変腐敗し、 白色又は淡紅色のカビを生じる。 播種後低温にあったり、床土の乾燥・過湿の繰返しによる。
ピシウム属菌 地際部や根が水浸状に腐敗し、白い綿状のカビを生じる。 低温・過湿条件下で発生。
トリコデルマ属菌 葉鞘や不完全葉が黄化・渇変・枯死し・籾や床土に白いカビを生じ、 後に青緑色になる。 高温・過湿条件下で発生。

☆エコ栽培米で「エコホープDJ」を使用した場合は 青色のカビのようなものが発生することがありますが、 この場合は薬が効いてる証拠ですので問題ありません。
☆出芽後、部分的に綿状のカビが発生していることがあります。 少量で、水をかけて消える程度であれば問題ありません。 発生がひどい場合はご連絡ください。

【苗管理】
  1. 育苗ハウスの床を均平にする。
  2. 温度計の設置(最低・最高付)必ず苗の近くに置く。
    • 昼間25℃以上に上げない。⇒ ハウスの開け閉め。
    • 夜間10℃以下に下げない。⇒ 午後早めにハウスを締めて温度を下げない。

    育苗後、芽が出揃ったらラブシートで保温する。
    ただし、出芽から緑化期までは、低温に注意する。
    『ハウス内で最低気温5℃以下が続く場合』
    保温マット(ラブシート、ミラシート、シルバーラブetc)や窓の開閉で保温対策を行う。
  • ミラシート、シルバーラブのかけすぎに注意!!ムレ苗の原因となります。
  • プール育苗では不要
    プール育苗では水位を均一に保ち、高温にならないよう注意する。
    霜注意報が発令した場合は深水にしましょう。
    (緑化以降であれば霜が降りなければハウスを開け放しても大丈夫です。)
【水管理】
  • 覆土の表面が白く乾き始めたら、 培土全体に水が行き渡るようたっぷり1回灌水する。 (何回も灌水すると、床土の温度が下がったままの状態となり、 根の発達不良・ムレ苗等の病気になりやすい)
  • 基本は午前中に灌水。天候によって、灌水量を変える。
【上手な田植え】
植付深さ
2㎝の浅植え(欠株がない程度の浅植えにする)
3㎝以上の深植えにしない。
植付株間
基本18㎝(60株/坪)3~4本植え/1株 分げつが取れないほ場では株間や植付本数を調整する

育苗センター・農機センター・あぐり~んの農繁期営業について

育苗センター
3月23日(金)~5月23日(水)まで (土・日・祭日)営業
AM8:00 ~ PM5:00 TEL89-7151
農機センター
4月1日(日)~5月13日(日)まで (土・日・祭日)営業
AM8:30 ~ PM5:30 TEL83-9043
あぐりーん
4月 ~ 10月(土・日・祭日)営業
AM8:30 ~ PM5:00 TEL84-4895

平成29年度 育苗巡回結果

徒長苗が発生

ハウス内の気温が上がりすぎていることが要因。
外出の際や窓の開閉を迷った時は、開けておく。 涼しい管理を心がける。

焼け苗の発生

出芽後、 ハウス内に広げた苗にミラシートやシルバーラブをかけており、 はがすタイミングが遅かったためムレてしまった。
出芽後はできるだけ「ラブシート」で対応する。

ネズミ等の食害

ハウス内の苗がネズミや鳥に食害を受けていた。
ハウスの枠に出来ている動物の侵入口を防ぐ。
「忌避一番(あぐりーん商品)」を使用する。
【忌避一番】強烈なにおいを発して動物を寄せ付けないようにする。
固形:1,404円 液体(1?):3,120円

昨年は上記の問題が発生した農家が数戸散見されました。
今年度は寒暖の差が大きいとこが予想されています。
毎日天気予報を確認し、より一層ハウス内の温度管理に気をつけましょう!!