JA御殿場ロゴ

富士山の清流で育むごてんばこしひかりの里


トップへ戻る > 営農事業 > 営農だよりもくじに戻る > 2018営農だより水稲第13号

北駿産米改良推進協議会
JA御殿場営農課
平成30年第13号 9月5日発行
TEL:0550-84-4820

営農だよりJA御殿場

目標
  1. 「米ぬか入り肥料」の施用により、循環型農業の実践
  2. 粒張が良く、食味値80点以上の良食味米

本年の8月後半の天候につきましては、 平均気温・日照時間・降水量ともに平年を上回り、 ここまでは稲の登熟に好条件な天候でした。

しかしながら9月前半は平年よりも晴れの日が少なく 日照時間が短くなり、降水量も多くなる予報です。 現在のところ収穫適期は平年より1週間程早い状況ですが、 今後の天候次第で適期が遅れることも考えられます。

これから重要なのは適期刈取りを行うことです。 ですがまずは天気予報を確認して 刈取りを行えるタイミングを判断しましょう。 雨により田んぼに入れず刈取りが出来なくなっては、 すべてが台無しとなってしまいます。

前号の「営農だより12号」刈り取り適期判定版を確認しながら 天気予報を注視し、 高品質・良食味米の収穫を心がけて下さい。

☆利用料金(ライスセンター・カントリエレベータ―共通
水分%/価格/生籾1kgあたり
15.0%
以下
15.1~
16.9
17.0~
18.9
19.0~
20.9
21.0~
23.9
24.0~
25.9
26.0~
28.9
29%
以上
11円 15円 17円 20円 23円 29円 35円 40円

カントリー、ライスセンターは籾で搬入してしまえば 秋の作業は終了です。 JAへの出荷米だけでも利用すると大変便利ですので、 ぜひご活用ください!!

【御殿場の気象】アメダスデータ御殿場

平均気温(℃) 本年 平年
4月計 13.6 11.3 2.3
5月計 16.4 15.6 0.8
6月計 19.6 18.9 0.7
7月計 25.0 22.3 2.7
8月前半計 25.9 23.9 2.0
8月16~20日 21.5 23.8 ▲2.3
8月21~25日 25.0 23.5 1.5
8月26~31日 25.3 23.2 2.1
8月後半計 23.9 23.5 0.4
8月計 24.9 23.7 1.2

日照時間(hr) 本年 平年 %
4月計 164.6 141.0 116.7
5月計 168.2 145.7 115.4
6月計 127.2 99.8 118.0
7月計 191.9 115.0 166.9
8月前半計 87.7 75.1 116.8
8月16~20日 27.1 25.5 106.3
8月21~25日 25.9 24.8 104.4
8月26~31日 31.7 29.0 109.3
8月後半計 84.7 79.3 106.8
8月計 172.4 154.4 111.7

降水量(mm) 本年 平年 %
4月計 343.5 220.5 155.8
5月計 340.5 254.3 133.9
6月計 324.5 318.5 101.9
7月計 283.9 308.7 92.0
8月前半計 101.0 142.7 70.8
8月16~20日 9.0 52.9 17.0
8月21~25日 216.0 50.1 431.1
8月26~31日 7.0 55.4 12.6
8月後半計 232.0 158.4 146.5
8月計 333.0 301.1 110.6

平成30年産米概算金が決定しました

品種名 等級 経済連
概算金
JA御殿場
独自加算
上乗後
概算金
コシヒカリ エコ 13,020 2,480 15,500
1 13,020 - 13,020
2 12,120 - 12,120
3 11,100 - 11,100
きぬむすめ 1 12,120 - 12,120
ひとめぼれ 1 11,640 - 11,640
5類その他うるち 1 11,340 - 11,340
峰の雪もち 1 12,100 - 12,100
2 11,200 - 11,200
3 10,180 - 10,180
エコ米は2,480円を
JA御殿場独自で上乗せして概算金を支払います。
その他価格については各支店へお問い合わせください。
各検査場所初回検査日時
第1検査場所
富士岡支店 9月5日(木)
第2検査場所
玉穂支店 9月12日(水)
第3検査場所
高根支店 9月3日(月)
第4検査場所
北郷支店 9月7日(金)

  • 受付時間:午前8:30~11:30まで
  • 他、検査日時については各部農会回覧でご確認ください

平成30年度御殿場市の平均積算温度予測(出穂期からの積算温度)
<
日付 平均
気温
出穂期(穂が5割程度出揃った頃)
7/23 7/25 7/27 7/30 8/1 8/3
9/3 19.1 1,067 1,012 961.0 890.1 836.9 781.7
9/5 21.4 1,108 1,052 1,002 930.6 877.4 822.2
9/7 22.6 1,150 1,094 1,044 972.9 919.7 864.5
9/9 20.8 1,193 1,137 1,086 1,015 962.2 907.0
9/11 22.2 1,237 1,181 1,130 1,060 1,006 951.1
9/13 22.9 1,282 1,226 1,176 1,105 1,051 996.2
9/15 19.8 1,324 1,268 1,218 1,147 1,093 1,038
9/17 17.0 1,357 1,301 1,251 1,180 1,127 1,072
9/19 21.3 1,402 1,346 1,295 1,224 1,171 1,116
  • 出穂期からの積算温度が1,100℃になったら刈取り適期となります。
    9/4以降は昨年の平均気温を表示しています。参考にしてください。
    刈り遅れがないように、適期刈り取りをお願いします。
秋の石灰窒素施用について(10kg/10a)
消費者・米屋の声 「ごてんばこしひかりは美味しいけど米粒が小さいな…」
【原因】
登熟後半の肥料切れにより、 粒厚のあるお米が出来なかった。

【対策】
石灰窒素導入によりわらの分解を促進させて 堆肥化し、地力増強を目指して後半の肥料切れを防ぐ。

【効果】
粒厚の良いお米収量アップが望める
使用方法
  • 稲の刈取り後、秋起こしの際に石灰窒素を10㎏/10aを散布。
  • 稲わらと一緒に浅くすき込む。
  • 地力のあるほ場で、分げつのとれるほ場は基肥窒素を0.5㎏/10a減らしましょう
  • 稲わらの腐熟が促進され、 堆肥1tと同等の地力増強が期待できる。 また持続的な施用により、肥料の削減も見込める
使用上の注意
  • 手足が濡れていたり汗をかいたままだと皮膚がかぶれる原因となります。
  • 散布後24時間以内の飲酒は避けて下さい。
  • 石灰窒素は「持続性の高い農業生産方式」に係る技術としてエコファーマー認定資 材となっています。(農水省 H25.10)
ファーマーズ御殿場、 JAその他農産物直売所で販売予定のお米は必ず検査を受けて下さい!!
◎販売の際、品種名を表示できる品種
コシヒカリ・ひとめぼれ・きぬむすめ・ミルキークイーン・にこまる・ いのちの壱・きんのめぐみ・あいちのかおり・あさひの夢・キヌヒカリ・ヒノヒカリ・ 峰の雪もち・するがもち
上記以外は品種を表示することができません。

◇峰の雪もち刈取り適期◇
葉が青くても、籾が9割黄色くなっていれば刈取り適期です。 峰の雪もちは刈取り適期が短く、 刈り遅れると着色米・胴割れが増加します。 胴割れが起こらないように刈遅れに注意して、 穂の黄化90%を見極め適期の刈取りを行いましょう。 また乾燥を行う際は水分14.0~14.5%以内、 時間をかけてゆっくり3段乾燥を行って、 しっかり「はぜる」よう心がけて下さい。

コシヒカリ収穫について
ほ場が黄化しているように見えても、 刈取りを行うとまだ青米が多い場合があります。 必ずほ場の中まで入って、 数か所で帯緑籾歩合(1穂の緑色の籾の割合)を確認して下さい。
女性組合員募集中!

私たちJAは、「互いに手を取り合い、 支え合って、くらしを良くしていく」 という相互扶助の理念のもと、「食」と 「農」を核とした様々な地域振興事業 に取り組んでいます。

JAが大切にしている事

JAが一番大切にしている事は「農業」です。
農業の生産力を高める、農家の収入を増やす、 地域の農業をより元気にすることはJAの大切な役割です。

JAでは、女性の声をJA事業に活かしていきたい事から、女性の組合員加入促進をはかっています。

「新組合員の集い」を開催!
開 催 日
平成31年1月26日(土)
開催場所
JA御殿場本店
対象者
今年度加入した組合員(先着120名)
内容
★記念講演
「山田雅人かたりの世界」

★手作り弁当とみくりやそばを堪能

詳しくはJA各支店窓口まで