JA御殿場ロゴ

富士山の清流で育むごてんばこしひかりの里


トップへ戻る > 営農事業 > 営農だよりもくじに戻る > 営農だより水稲第11号

北駿産米改良推進協議会
JA御殿場営農課
平成29年第12号 9月5日発行

営農だよりJA御殿場

目標

  1. 「米ぬか入り肥料」の施用により、循環型農業の実践
  2. 粒張が良く、食味値80点以上の良食味米
~平成29年産米概算金が決定しました~

本年の8月後半の天候につきましては、 平均気温は平年より少し高く推移しましたが、 降水量は14.8%と少なくここまでは稲の登熟に好条件な天候でした。

しかしながら9月前半は平年よりも涼しくなる予報となっており、 水稲の生育状況は生育速度が落ちてきています。

現在のところ収穫適期は平年より1週間程早い状況ですが、 今後の天候次第で適期が遅れることも考えられます。

これから重要なのは適期刈取りを行うことです。 ここでのミスでせっかく良い稲姿となっていても、 すべてが台無しとなってしまいます。

前号の「営農だより11号」刈り取り適期判定版を確認し、 高品質・良食味米の収穫を心がけて下さい。


☆利用料金(ライスセンター・カントリエレベータ―共通
水分% 15.0%以下 15.1~16.9 17.0~18.9 19.0~20.9 21.0~23.9 24.0~25.9 26.0~28.9 29%以上
生籾1kgあたり 11円 15円 17円 20円 23円 28円 34円 40円
水分%
生籾1kgあたり
15.0%以下
11円
15.1~16.9
15円
17.0~18.9
17円
19.0~20.9
20円
21.0~23.9
23円
24.0~25.9
28円
26.0~28.9
34円
29%以上
40円

本年度、乾燥籾(15.0%以下)の利用料金を引き下げました(3円/kg)。
カントリー、ライスセンターは籾で搬入してしまえば秋の作業は終了です。 JAへの出荷米だけでも利用すると大変便利ですので、ぜひご活用ください!!

【御殿場の気象】アメダスデータ御殿場

平均気温(℃) 本年 平年
4月計 11.4 11.3 0.1
5月計 16.7 15.6 1.1
6月計 18.8 18.9 ▲0.1
7月計 24.1 22.3 1.8
8月前半計 23.8 23.9 ▲0.1
8月16~20日 23.2 23.8 ▲0.6
8月11~15日 26.2 23.5 2.7
8月26~31日 24.4 23.2 1.2
8月後半計 24.6 23.5 1.1
8月計 24.2 23.7 0.5

日照時間(hr) 本年 平年 %
4月計 164.8 157.7 104.5
5月計 195.0 145.7 133.8
6月計 143.1 99.8 143.4
7月計 154.0 115.0 133.9
8月前半計 45.0 75.1 59.9
8月16~20日 12.0 25.5 47.1
8月21~25日 35.0 24.8 141.1
8月26~31日 32.6 29.0 112.4
8月後半計 79.6 79.3 100.4
8月計 124.6 154.4 80.7

降水量(mm) 本年 平年 %
4月計 291.5 247.5 117.8
5月計 112.5 254.3 44.2
6月計 188.0 318.5 59.0
7月計 79.5 308.7 25.8
8月前半計 259.5 142.7 181.8
8月16~20日 21.0 52.9 39.7
8月21~25日 0.0 50.1 0.0
8月11~15日 2.5 55.4 4.5
8月後半計 23.5 158.4 14.8
8月計 283.0 301.1 94.0

平成29年産米概算金価格について
単位:円/俵
品種名 等級 経済連
概算金
JA御殿場
独自加算
上乗後
概算金
コシヒカリ エコ 12,900 2,600 15,500
厳選特A 12,900 100 13,000
特A 12,900 100 13,000
1 12,900 100 13,000
2 12,000 0 12,000
3 10,980 0 10,980
きむぬすめ 1 12,000 0 12,000
ひとめぼれ 1 12,000 0 12,000
2 10,620 0 10,620
3 9,300 0 9,300
5類その他うるち 1 10,920 0 10,920
2 10,020 0 10,020
3 9,000 0 9,000
峰の雪もち 1 12,100 0 12,100
2 11,200 0 11,200
3 10,180 0 10,180

エコ米は2,600円、コシヒカリ1等以上は100円を JA御殿場独自で上乗せして概算金を支払います。


各検査場所初回検査日時
第1検査場所
富士岡支店 9月7日(木)
第2検査場所
玉穂支店 9月13日(水)
第3検査場所
高根支店 9月6日(水)
第4検査場所
北郷支店 9月8日(金)
  • 受付時間:午前8:30~11:30まで
  • 他、検査日時については各部農会回覧でご確認ください。

平成29年度御殿場市の平均積算温度予測(出穂期からの積算温度)
日付 平均気温 出穂期(穂が5割程度出揃った頃)
7/23 7/25 7/27 7/30 8/2 8/4
9/2 19.0 1,007 958.8 911.1 838.8 765.7 724.3
9/4 23.9 1,050 1,002 954.1 881.8 808.7 767.3
9/6 24.2 1,099 1,051 1,003 930.8 857.7 816.3
9/8 23.1 1,145 1,098 1,050 977.5 904.4 863.0
9/10 23.3 1,192 1,144 1,097 1,024 951.1 909.7
9/12 22.4 1,236 1,188 1,141 1,068 995.1 953.7
9/14 20.8 2,278 1,230 1,182 1,110 1,037 995.5
9/16 20.2 1,320 1,272 1,224 1,152 1,079 1,038
9/18 22.1 1,364 1,316 1,269 1,196 1,123 1,082
  • 出穂期からの積算温度が1,000度になったら刈取り適期となります。
    (9/4以降は昨年の平均気温を表示しています。参考にして下さい。)
秋の石灰窒素施用について(10㎏/10a)
石灰窒素導入の効果
現在のごてんばこしひかりの評価・・・「おいしいけれど粒が小さい」
登熟後半の肥料切れにより粒厚のある米が出来ない

石灰窒素導入により地力増強を目指し、後半に肥効が残るようにする

粒厚の良いお米・収量アップが望める
【使用方法】
  • 稲の刈取り後、秋起こしの際に石灰窒素を10㎏/10aを散布
  • 稲わらと一緒に浅くすき込む
    • 稲わらの腐熟が促進され、堆肥1tと同等の地力増強が期待できる。
      また持続的な施用により、肥料の削減も見込める
  • 地力のあるほ場で、分げつのとれるほ場は基肥窒素を0.5㎏/10a減らしましょう
【使用上の注意】
  • 手足が濡れていたり汗をかいたままだと皮膚がかぶれる原因となります
    →保護眼鏡、防護マスク、不浸透性手袋、ゴム長靴、不浸透性防除衣等を着用
  • 作業時に着用していた衣服等は、他のものと分けて洗濯して下さい
  • 散布後24時間以内の飲酒は避けて下さい

☆ふれあい市・フレッシュで販売予定のお米は、
必ず検査を受けて下さい!!☆
  • JA直売所で販売(フレッシュ・道の駅等) →必ず検査が必要
  • JA以外の販売所(サービスエリア等) →検査を受けなければ品種・ 年産の表示はできません
    (未検査で販売する際は、他の方法により品種・年産が確認できる場合でもこれらを表示することができません)

◇峰の雪もち刈取り適期◇
葉が青くても、籾が9割黄色くなっていれば刈取り適期です。
峰の雪もちは刈取り適期が短く、刈り遅れると着色米・胴割れが増加します。
穂の黄化90%を見極め、適期の刈取りを行いましょう。
また乾燥を行う際は水分14.0~14.5%以内、しっかりはぜるよう心がけて下さい。

JA御殿場

女性組合員募集中!

私たちJAは、「互いに手を取り合い、 支え合って、くらしを良くしていく」 という相互扶助の理念のもと、「食」と 「農」を核とした様々な地域振興事業 に取り組んでいます。

JAが大切にしている事

JAが一番大切にしている事は「農業」です。
農業の生産力を高める、農家の収入を増やす、 地域の農業をより元気にすることはJAの大切な役割です。

JAでは、女性の声をJA事業に活かしていきたい事から、女性の組合員加入促進をはかっています。

「新組合員の集い」を開催!
開 催 日
平成30年1月27日(土)
開催場所
JA御殿場本店
対象者
今年度加入した組合員(先着120名)
内容
★記念講演「山田雅人かたりの世界」
★手作り弁当とみくりやそばを堪能

詳しくはJA各支店窓口まで


おいしいをつくりましょJA御殿場